Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1853枚
INFO 2022年4月19日:登録写真が1,800枚になりました。 2022年3月7日:登録写真が1,700枚になりました。
BLOG

東京タワー・ランドマークライト(冬バージョン)のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】東京タワー・ランドマークライト(冬バージョン)

場所   : 東京都 港区

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24-105mm F4L IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「東京タワー・ランドマークライト(冬バージョン)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「東京タワー・ランドマークライト(冬バージョン)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

通常のライトアップ方法であるランドマークライトの東京タワーです。そのランドマークライトのライトアップにも実は2パターンの色があるんです。今回は、簡単にその2つのパターンを紹介したいと思います。

また、こちらの「東京タワー・ランドマークライト(冬バージョン)」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

絶景!

通常のライトアップにも2種類のパターンがある東京タワー

東京タワーにはランプで照らす「ランドマークライト」とLEDが光り輝く「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」の2種類のライトアップがあります。写真のライトアップは「ランドマークライト」というライトアップ方法です。

東京タワーのライトアップというとこの「ランドマークライト」が一般的で馴染みがありますが、「ランドマークライト」にも2パターンあるのをご存じでしょうか?

7〜9月の夏バージョンと10〜7月の冬バージョンの2パターンです。少し違いを説明すると・・・。

夏は「メタルハイドランプ」いうシルバーライトをしようし、少し寒色よりな涼しげでクールなライトアップになります。冬は「高圧ナトリウムランプ」を使い、温かみのあるオレンジ色へとライトアップします。

ちなみに写真のものは10〜7月の冬バージョンで、冬の空に温かみのあるオレンジ色が浮かび上がっています。

 

絶景!

「ランドマークライト」用の電球は手作業で交換

主に平日の夜を彩る通常ライトアップである「ランドマークライト」は、フルカラー表現できるLEDと違ってランプで照らして東京タワーをライトアップしています。

昔ながらの方法ですが、塔の鉄骨がが浮かび上がるこの方法は、東京タワーが東京タワーらしく映えるライトアップ方法で、「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」もいいけど、「ランドマークライト」もやっぱりいいよねという声も多いのです。

夏と冬で電球の種類を変えて色の雰囲気を変えますが、東京タワーを照らす180個のランプは手作業で交換しています。天候で交換日は前後しますが、朝から交換作業を始めて夜の点灯までに交換を完了します。

そんな作業を経て私達の目を楽しませてくれるわけですね!

 

絶景!

東京タワーの場所とクチコミ

フリー写真素材のランドマークライトの東京タワーの写真は、プリンス空中庭園から撮影しました。場所はこちらになります。芝生から東京タワーが見える気持ちの良い場所です。

<東京の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」東京の観光スポット

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る