Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1012枚
INFO 2021年3月31日:スマホのトップページの写真表示を変更しました
2021年3月18日:登録写真が900枚になりました。
BLOG

蛸壺(タコツボ)

【無料写真素材】蛸壺(タコツボ)

場所   : 神奈川県 中郡

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24-105mm F4L IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「蛸壺(タコツボ)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「蛸壺(タコツボ)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

タコをとるための漁業の道具であるタコツボの写真です。こちらの「蛸壺(タコツボ)」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。また、この蛸壺についての歴史や不思議を少し紹介しようと思います。

 

うんちく!

タコをとるための道具、蛸壺

漁業でタコをとるために使う道具を蛸壺(たこつぼ)といいます。形状はいろいろある蛸壺ですが、横の穴からタコが入るように置くため多くのものは下側が平らになっており潮の流れを受けにくくなるような工夫がされています。

 

へぇ!

なんで蛸壺の中にタコは入るの?

タコはご存じの通り柔らかい体を持っています。身をまもる固いウロコなどがないため、隠れる所がない場所では大型の真鯛やウツボなどのかっこうのエサになってしまいます。そのため敵から自分を守るために岩の間などに隠れる習性があるわけです。

タコは潮が緩むとエサを取りに岩場を出て砂地へと向かいます。エサを捕食しやすいのも砂地ですが、自分の身を隠すことが出来ないのも砂地です。

タコにってお砂地はとても危険な状態。そのため蛸壺のような隠れる所があると潜もうとするのです。隠れ家として安全と思うためか、蛸壺から引き上げる時に逃げ出すタコは少なく、蛸壺の穴の中でじっとしているのです。

 

おすすめ!

蛸壺漁はいつはじまった?

蛸壺漁は大阪湾で始まったといわれており、なんと弥生時代から行われていたそうです。弥生時代の遺跡から大きめのマダコ用や小さなイイダコ用の蛸壺が出土しています。

 

場所!

写真の蛸壺は大磯港で撮影しました

釣り場としても知られる大磯の漁港で蛸壺を見かけました。漁港のまわりは面白いものがたくさんありますね!

<新品から中古まで安心して購入できカメラショップ>

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る