Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1133枚
INFO 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。 2021年4月30日:登録写真が1,000枚になりました。
BLOG

大磯港横の大磯北浜海岸・津波避難施設のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】大磯港横の大磯北浜海岸・津波避難施設

場所   : 神奈川県 中郡

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24-105mm F4L IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「大磯港横の大磯北浜海岸・津波避難施設」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「大磯港横の大磯北浜海岸・津波避難施設」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

津波が起きた時に避難が間に合わないという場合に使用する津内避難施設(津波避難タワー)です。こちらの施設は大磯港の横、大磯北浜海岸にあります。今回は簡単にこの施設を紹介したいと思います。

また、「大磯港の横にある大磯北浜海岸 津波施設」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

100人程が待避できる、砂浜の緊急用の津波避難施設

大磯港の横にある砂浜へ行くと、展望台のような建築物が見えてきます。これは展望台ではなく、津波が来た時のための緊急用避難施設(津波避難タワー)です。2017年に竣工したこの施設は、東日本大震災の津波被害から学んで建てられました。

避難施設の床面は海抜11mで地上から7.9m。この高さは神奈川県がシミュレーションした北浜海岸周辺の最大津波高を想定しています。想定される最大の津波の高さは7.44mです。

想定より余裕を持って作られてはいますが、東日本大震災の時のように想定外の大きさの津波がくる場合もあるため、あくまで緊急用で、西湘バイパスの北側にある高台に避難することが原則となっています。

海の中にいるサーファーや足の悪い方など避難に時間がかかる場合や、海岸への津波の到達が早い場合は一時的に待避することができます。待避用のスペースは60平方メートルあり、約100人ほどが避難可能です。

 

いいね!

常時開放なので2階からの景色が楽しめる

こちらの大磯北浜海岸 津波施設(津波避難タワー)はいつでも使えないと意味がありませんので、常時解放されています。そのため、2階から大磯港の景色を楽しむことが出来ます。江ノ島方面もよく見え、大磯港を俯瞰でみることもできます。

 

おすすめ!

1階部分はステージとして利用可能

避難床の下側、階段にはさまれた1階部分はステージになっています。大磯町に在住、在学、在勤の方が過半数を含む5人以上の団体、町内にある法人や団体、町内で開催するスポーツ等の表彰式などで使うことができます。

 

場所!

大磯北浜海岸・津波避難施設の場所や口コミ

大磯北浜海岸 津波施設(津波避難タワー)は大磯港のすぐ横にあります。車をとめて大磯北浜海岸のほうへ行けばわかると思います。大磯北浜海岸からは江ノ島なども遠くに見えて気持ちいいですよ。

<神奈川の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」神奈川の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る