Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1496枚
INFO 2021年10月20日:登録写真が1,400枚になりました。 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。
BLOG

石油採掘装置・ポンプジャックのフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】石油採掘装置・ポンプジャック

場所   : カナダ アルバータ州

撮影年度 : 1998

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「石油採掘装置・ポンプジャック」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「石油採掘装置・ポンプジャック」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

アメリカやカナダの田舎道を走っていると、畑や牧場の中に設置してある機械(ポンプ)があります。これはポンプジャックと呼ばれる石油採掘用の機械です。

油田というと中東の大規模なものを想像しますが、アメリカには小規模な油田もたくさんあるのです。

こちらの「石油採掘装置・ポンプジャック」の写真はカナダのアルバータ州に行った時に撮ったものです。

ネガフィルムで撮った古い写真ですが、無料で使えるフリー写真素材ですので何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

ピストン運動を繰り返し石油を汲み上げ続けるポンプジャック

畑や牧場、時には町の中に、一定のスピードでゆっくりとピストン運動を繰り返している機械(ポンプ)があります。

この屋外に設置された無骨なポンプユニットは、石油の採掘装置で、「ポンプジャック」「ビームポンプ」「サッカーロッド・ポンプ」など様々な名前で呼ばれています。

「石油採掘装置・ポンプジャック」は、1800年頃に登場し、少しずつ高効率に進化しながら現在に至っています。

なんとも無骨で機械らしいユニットですが、可動部が頭に見えることから鉄で出来た動物のようにも見えますね。

アメリカやカナダの農村部の広大な大地の中で、錆びながらも無人で動いているその姿に私は世紀末感を感じてしまいました!

 

<新品から中古まで安心して購入できカメラショップ>

 

へぇ!

日本でも「石油採掘装置・ポンプジャック」を見ることが出来る

実は日本でもこのポンプジャックを見ることが出来ます。私はまだ行った事はないので行ってみたいのですが、秋田県にある八橋油田が有名でしょうか。

秋田県の県道72号線沿いの田んぼの中や住宅街の中に設置されています。こんな所で石油を掘っていたなんて驚きですね!

全盛期の1960年前後で国内最大の油田だったそう。ちなみに八橋油田の生産量は213年で16,000キロリットル(10万バレル)で全盛期の1割にも満たないそうです。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る