Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 596枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

サーファーズパラダイスの町のフリー写真素材

【無料写真素材】サーファーズパラダイスの町

場所   : オーストラリア

撮影年度 : 1994

サイズ  : 2000 x 1352 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ポジフィルム)

レンズ  : 不明

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

※ご注意 : 1990年代の写真なので、現在とはビルなどの景観が違います

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「サーファーズパラダイス」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「サーファーズパラダイス」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

1994年当時、街を歩く日本人に生卵を投げる人がいた理由

1994年当時のサーファーズパラダイスの無料写真素材です。サーファーズパラダイスの今の状況は分かりませんが、サーファーズパラダイスは日本人嫌いな人達が多い街でした。バブル時代にお金でサーファーズパラダイスの土地やビルを買い、たくさんの人が押しかけました。

現地の人々にとっては、お金にものを言わせて何でもできると思っている日本人、静かだった街を日本人の観光客だらけの街にした日本人、という考えの人が多かったようです。

お金でサーファーズパラダイスの物件などを買いあさっていた日本人は、日本人が来てくれるからこの街は潤っているんと言っていました。これはもう平行線ですね。一部のオーストラリア人は、対日感情を悪いものにしていきました。

日本人にとてもフレンドリーな方も多かったのですが、その一部の悪い感情を持った人達によって、一人で歩いている旅行者に生卵を投げるということがたまに起きていました。

短期の旅行でくると、観光名所しか回らないのでそんなことに遭遇はしないのでしょうが、長期旅行者はなんとなく居心地の悪さを感じ取り、サーファーズパラダイスの街に長くはとどまらず、違う街へと移動していく人が多かったのです。

関連する写真素材

大磯港と漁船
亀老山展望公園・パノラマ展望台からの風景
日本のエアーズロックと呼ばれる古座の一枚岩
男鹿半島・入道崎の草原と日本海
湘南平の夜景(伊勢原・厚木方面)
鶴見川とピンク色の妖艶な夕焼
ページのトップへ戻る