Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 761枚
INFO 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。 2020年12月13日:モバイルのデザインを変更しました。
BLOG

大倉山エルム通り商店街フジヤのサイン(看板)のフリー写真素材

【無料写真素材】大倉山エルム通り商店街フジヤのサイン(看板)

場所   : 神奈川県 横浜市 港北区

撮影年度 : 2020

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF35mm F1.4 R

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「大倉山エルム通り商店街フジヤのサイン(看板)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「大倉山エルム通り商店街フジヤのサイン(看板)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

店舗の外観をギリシア風に統一した大倉山エルム通り商店街にある「フジヤ」の看板です。女性が背中合わせの看板が特徴的で目を引きます。

 

おすすめ!

大倉山エルム通り商店街「フジヤ」

1962年10月に大倉山で「フジヤ洋品店」を創業し、1988年に大倉山エルム通りの開発とともにアルファ店、ベータ店ができました。写真の店はベータ店で、キャリアからミセスを対象とした婦人服を売っているようです。

道路をはさんだアルファ店の方は、2017年から、フジヤのお店を持つ服飾デザイナーの濱野さんのオリジナルブランドであるmiik(ミイク)を売るお店になったようです。

私は婦人服は全く全く分かりませんし、買う機会もないでしょうが、大倉山のエルム商店街で一番お洒落に感じるサイン(看板)は、いつも気になってしまうのです。女性だったらお店の中ものぞいてみてくなりますね。

 

場所!

写真を撮影した大倉山エルム通り商店街の場所

東急東横線の大倉山駅にある商店街がエルム通り商店街です。全ての店舗がギリシア風になっているわけではありませんが、白く、柱の装飾をしてある建物が多く、明るい雰囲気の商店街です。

<神奈川の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」神奈川の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

ページのトップへ戻る