Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2763枚
INFO 2022年1月25日:登録写真が2,700枚になりました。 2022年12月30日:登録写真が2,600枚になりました。
BLOG

【無料写真素材】廃墟感ただよう武蔵小山りゅえるの店舗

場所   : 東京都 品川区

撮影年度 : 2015

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XF27mm F2.8

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「廃墟感ただよう武蔵小山りゅえるの店舗」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「廃墟感ただよう武蔵小山りゅえるの店舗」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

東京都品川区の武蔵小山駅前にあった「りゅえる」という飲み屋街で撮影した写真です。

廃墟のような雰囲気ですが、すでに再開発が決定して立ち退きが進んでいた時期の写真です。

こちらの「廃墟感ただよう武蔵小山りゅえるの店舗」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

吹き出し

武蔵小山駅前の再開発前には、闇の香りが漂う商店街があった

ほんの10年程前まで武蔵小山の駅前には「りゅえる」という飲み屋街がありました。

りゅえるは比較的あたらしく付けられた名前ですが、暗黒街とも呼ばれていたこの飲食店街は本当に闇を感じるような雰囲気が魅力でした。

戦後の焼け野原から闇市がたち、それが発展して飲食店街になったのですが、取り残されたような昭和な雰囲気が残っている町だったのです。

2016年に立ち退きが終わって立ち入り禁止になりましたが、その数年前は怪しく光るスナックのネオンがとても印象的でした。

上の写真は2015年の立ち退きが始まっていた頃の写真ですが、ネオンは一部だけの店で灯り廃墟のような町になっていきました。

人がいなくなり電気が消えるとこんな風に変わってしまうんだ・・・と驚いたものです。

自分タイムスリップして昭和の世界に行っていたのに、いきなり現代に戻ってきたかのような錯覚が不思議でした。

現在「りゅえる」のあった場所には「パークシティ武蔵小山 ザ・モール」が建っています。すっかり現代的になりました。

たまに武蔵小山を訪れると、あの飲食店街は本当にあったんだろうか?なんて考えてしまうくらい変わってしまいしましたね。

 

吹き出し

りゅえるのフリー写真一覧はこちらで見れます

りゅえるで撮影したフリー写真素材はこちらで一覧を見ることが出来ます。

りゅえるの写真や昭和レトロな雰囲気、廃墟感の写真をお探しなら、こちらも是非ご覧ください。

 

吹き出し

かつてりゅえるのあった場所はこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る