Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 681枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

横浜山手の外交官の家の外観のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】横浜山手の外交官の家の外観

場所   : 神奈川県 横浜市 中区

撮影年度 : 20080504

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G3

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「横浜山手の外交官の家の外観」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「横浜山手の外交官の家の外観」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

アメリカン・ビクトリアン形式で建てられた外交官の家は、当時の外交官の暮らしを体験できる建物になっています。凝った建物の作りや歴史を感じるインテリアなど見ごたえもあります。簡単にこの外交官の家をご紹介したいと思います。また、こちらの「横浜山手の外交官の家の外観」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

重厚で歴史を感じる外交官の家

外交官の家が建てられたのは明治43年(1910年)で、名前の通り明治政府の外交官が住んでいた邸宅です。住んでいたのは内田定槌氏で、ニューヨーク総領事やトルコ特命全権大使などを務めました。

J.M.ガーディナーが設計したこの家は、天然のスレート葺き屋根、下見張りの外壁になっています。外観や装飾も華やかで、アメリカン・ビクトリアンという様式で建てられました。もともとし渋谷の南平台に建てられた外交官の家ですが、内田定槌氏の孫から横浜市が寄贈を受け、平成9年(1997年)に横浜の山手に移築復元しました。一般公開した後は国の重要文化財にも指定されました。

建物自体も凝っていますが、インテリアも重厚で年代を感じる、庶民はまず使わないであろう雰囲気のものが置いてあります。外交官が特別な職業でだったことが感じられます。外交官の暮らし等についての資料も展示してあるので、興味深く見学することが出来ます。いずれ室内もご紹介しますね。

 

場所!

外交官の家の公式ホームページや場所

横浜の山手イタリア山庭園にある外交官の家の公式ホームページと場所・クチコミです。建物好きならとても楽しく見学できると思います。

 

<神奈川の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」神奈川の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

横浜コスモワールドのメリーゴーランド
コスモクロック21が目印・よこはまコスモワールド
横浜赤レンガ倉庫1号館
赤レンガ倉庫の幸せの鐘
大桟橋の横浜三塔が同時に見えるスポット
大桟橋の入出国ロビー・柱のない大空間
ページのトップへ戻る