Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 596枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

蔵王のお釜のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】蔵王のお釜

場所   : 宮城県 刈田群 蔵王町

撮影年度 : 1992

サイズ  : 2000 x 1333 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「蔵王のお釜」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「蔵王のお釜」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

火山の噴火で生まれた不思議な景観の湖が蔵王のお釜です。湖面の緑色もなんとも言えない色でした。(1992年にネガフィルムで撮ったものなのでややくすんでいますが)。ちょっとレトロっぽい風合いになっていますが、こちらの蔵王のお釜の写真は無料で使えるフリー画像です。もしよろしければどうぞ。

 

蔵王のお釜の大きさと深さ

蔵王のお釜は、1,000年〜2,000年前の噴火で生まれました。噴火した後の窪んだ場所に、雨や地下水、雪解け水が集まってできた火山湖です。

お釜の深さは、直径360m、深さ27m。深さは年々変わっているようで、明治43年の調査の時は27.6mと今と同程度の深さでしたが、火山活動のあった昭和14年には63mもの深さがありました。

写真の右上の高い部分を五色岳というのですが、この五色岳断崖の崩落によって年々お釜は埋まってきているようです。もし火山活動ななかったら、いずれ埋もれてしまう可能性もあると言われています。

 

強酸性で生物が生きられない蔵王のお釜の中の水

お釜という名前は、米を炊くお釜のようであることからきています。実際のお釜を見た印象も違和感なく受け入れられるバッチリのネーミングですね。

別名で五色沼とも呼ばれていますが、このお釜に入っている緑色の水が、天候や気温などによって色が変化することからきています。蔵王のお釜の写真を検索してみると、たしかにいろいろな色の湖面が写っていて面白いですね。

それから、このお釜にたまっている水は、川からの流入がなく残雪と雨水以外がたまっているもので、PH3.5の強酸性。そのため珪藻類以外の生物は生息していない死の湖とも言えるのが蔵王のお釜です。

 

写真を撮影した蔵王のお釜の場所とクチコミ

蔵王のお釜は、宮城と山形の県境にあり、宮城と山形を結ぶ蔵王エコーラインを通っていきます(11-4月の冬期は通行止)。蔵王の樹氷とともにシンボル的存在の蔵王のお釜、近くへ行ったら必見のスポットです。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

ターコイズブルーの湖面の小見野々ダム湖
シジミ漁が盛んな小川原湖
ボウ峠から見たターコイズブルーのペイトレイク
コバルトブルーの奥四万湖と四万ダム
ターコイズブルーに輝いた屈斜路湖
支笏湖の夕焼
ページのトップへ戻る