Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 595枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

最も原始的な犬の仲間・ヤブイヌのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】最も原始的な犬の仲間・ヤブイヌ

場所   : 神奈川県

撮影年度 : 2008

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS Kiss DN

レンズ  : Tamron AF28-300mm F/3.5-6.3XR Di VC

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「最も原始的な犬の仲間・ヤブイヌ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「最も原始的な犬の仲間・ヤブイヌ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

最も原始的な犬の仲間、ヤブイヌは動物園の隠れた人気物!

イヌ科ヤブイヌ属のヤブイヌという動物です。名前の通り犬の仲間ですが、イヌ科の動物の中では最も原始的な犬とされています。よく見かける犬とは違い、胴長短足で首が長い形をしています。

藪の中で生息するのに最適な体型になっおり、犬というよりはアナグマのような雰囲気ですが、これが何とも愛らしい!ヤブイヌという名前もなんか惹かれますよね!

 

ヤブイヌの生息地や生活

この動物園の隠れた人気物のヤブイヌは、南アメリカ北部の森林や草原に広く分布しており、特に水辺を好みます。足には水かきのようなものもついていて、泳ぎや潜水が得意なんですよ!だから、小動物だけでなく、魚なども捕らえたりできるんです。

行動範囲は4〜10平方キロメートル程度と言われており、10匹ほどの群れで生活をしています。動物園でヤブイヌを眺めていると集団でグルグルと回って居いたりすることもあって、これもまた可愛いんです!

そんなヤブイヌですが、森林伐採などの生息地の破壊によって生息数は減っており、国際自然保護連合(IUCN)から、準絶滅危惧種(Near Threatened)としてレッドリストに指定されています。

 

隠れた人気物・ヤブイヌが見れる動物園

ヤブイヌが見れる動物園を紹介します。飼育状況や飼育頭数は変わっていくので、見てみたい方は公式ホームページで確認してから足を運んでみて下さい。

埼玉県こども動物自然公園(埼玉)

横浜ズーラシア(神奈川)

東山動物園(愛知)

京都市動物園(京都)

神戸どうぶつ王国(兵庫)

平川動物公園(鹿児島)

 

この写真を撮った横浜ズーラシアの場所とクチコミ

私はこちらの横浜ズーラシアに行って眺めました。広々とした敷地で飼育しており、のびのびと動物たちが暮らしています。世界三大珍獣とも呼ばれるオカピがいる動物園として有名です。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

野生のウォンバット
ページのトップへ戻る