Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

オーストラリア・クイーンズランド州の牧場の牛のフリー写真素材

【無料写真素材】オーストラリア・クイーンズランド州の牧場の牛

場所   : オーストラリア クイーンズランド州

撮影年度 : 1994

サイズ  : 2000 x 1354 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ポジフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません
タグ→

輸出先のマーケットを考えて育てられる牛

オーストラリア・クイーンズランド州のブリスベン近郊にあった牧場です。オーストラリアでは各地に牧場があり、牛が生活しやすそうな気候の牧場と過酷な気候の牧場があります。

もっと暑い地方にある牧場は、牧場くらいしか出来なそうな環境で、牛も大変だなとおもいますが、ブリスベン近郊は牛が生活しやすそうな気候なので、のどかな雰囲気に心が和みます。

飼育しやすい環境や土地の広さなどもあるのだと思いますが、クイーンズランド州は肉牛産業ではオーストラリアの中で1番。ニューサウスウェールズ州、ビクトリア州の東部3州でたくさんの肉牛を生産しています。

オーストラリアでは生産した牛肉の70%を100カ国以上に輸出しており、日本へもオージービーフとして輸出されています。育て方も輸出マーケットにあわせていろいろ研究されており、放牧後に穀物をたべさせるグレインフェッドの飼育が普及しています。

日本で買える精肉のほとんどは、このグレインフェッドの肉だそうです。サシがほどよく入った日本やアジア向けの需要に応えるため、このような飼育法になったようです。

「オーストラリア・クイーンズランド州の牧場の牛」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「オーストラリア・クイーンズランド州の牧場の牛」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

ページのトップへ戻る