Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 867枚
INFO 2021年1月31日:登録写真が800枚になりました。 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。
BLOG

アイスコーヒーのフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】アイスコーヒー

場所   : 群馬県

撮影年度 : 2015

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Canon EF24mm F2.8 IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「アイスコーヒー」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「アイスコーヒー」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

私はホットコーヒーよりもアイスコーヒーの方が好きなのですが、アイスコーヒーに向いたコーヒー豆や入れ方があります。レシピサイトではないのであまり詳しくは書きませんが、アイスコーヒーを入れる時に大切3つのポイントをご紹介します。興味を持ったら自分好みのアイスコーヒーを作ってみてくださいね。

また、こちらの「アイスコーヒー」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

豆は深入り豆を選ぶ

美味しいアイスコーヒーを入れるには、濃いめのコーヒーを氷で瞬間的に冷やすことが大切です。深煎り豆を選び、酸味を出さず、がを薄くならないようにしましょう。コーヒー豆を売っているお店で聞けば、おすすめのコーヒーを教えてくれると思います。

 

おすすめ!

濃いめのコーヒーをいれる

氷で薄まる分も考えて、濃い珈琲を入れる必要があります。濃さは人により好みがあるようですが、軽量スープンで2杯分の量を使います。

 

へぇ!

急速に冷やす

コーヒーをいれた後に時間をかけて冷ますと、コーヒーの香りが飛んでしまいます。そのため、アイスコーヒーでは急速に凍りで冷やすことが大切です。入れてから冷やす人もいますし、ドリッパーの下にグラスを置いて冷やしながら入る場合もあります。また、見た目を重視する場合は、急冷した後に氷を入れ替える場合もあるようです。

 

おすすめ!

作り置きもできる

作り置きしておいても、ふた付きの容器で冷蔵庫保管すれば48時間は美味しいアイスコーヒーが飲めるそうです。香りが逃げないようにきっちりフタをするのが大切です。

 

おすすめ!

この写真のコーヒーは

この写真はお店で飲んだアイスコーヒーです。外でランチをした時はアイスコーヒーを頼むことが多いのです。香りが良かったり、そうでもなかったり、濃かったり、薄かったり、お店によって様々です。アイスコーヒーが好きな割に家ではあまりアイスコーヒーを作りませんが、自分好みのコーヒーを探すのも楽しそうです。

 

<カメラを買うなら日本最大級の専門チェーンのカメラのキタムラ。>
カメラのキタムラ ネットショップ

関連する写真素材

ページのトップへ戻る