Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2464枚
INFO 2022年10月14日:登録写真が2,300枚になりました。 2022年9月8日:登録写真が2,200枚になりました。
BLOG

1990年のニューヨーク・タイムズスクエアのフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】1990年のニューヨーク・タイムズスクエア

場所   : アメリカ  ニューヨーク州

撮影年度 : 1990

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません


「1990年のニューヨーク・タイムズスクエア」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「1990年のニューヨーク・タイムズスクエア」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

1990年のタイムズスクエアの写真です。さまざまな映像も映し出される現在とは違って、看板やネオンだけなので地味にすら見えますね。

こちらの「1990年のニューヨーク・タイムズスクエア」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

吹き出し

ニューヨークタイムズのビルが建てられタイムズスクエアと名付けられた

マンハッタン島の中心、42丁目と7番街が交差するブロードウェイ交差点を中心に、約1kmにわたるエリアがタイムズスクエアです。

24時間眠らない街とも世界の交差点とも呼ばれるニューヨークで最も賑やかな場所です。

この場所にタイムズスクエアの名前がついたのは、1904年にニューヨークタイムズのオフィスビルが建てられたからだそうです。

ニューヨークタイムズ自体は約10年ほどで移転してしまったのですが、タイムズスクエアの名称やビル自体は残されました。

そのニューヨークタイムズの本社ビルが、独特の景観を生み出している「ワン・タイムズスクエア」のビルというわけです。

 

吹き出し

1960年代から1990年代は危険地帯だったタイムズスクエア

1910〜1920年代に大発展を遂げたタイムズスクエアですが、1930年代の世界恐慌がこの地域の雰囲気を一変させてしまいます。

風俗の台頭です。いかがわしいショーや映画などを上映し、治安はどんどん悪くなっていきます。

そして1960年代〜1990年代初頭までは、麻薬、売春、暴力団などにより、このエリアは危険地帯を代表するエリアになってしまったのです。

タイムズスクエアの場合は、昼間はまだしも夜は行きたくなかった場所でした。

そんな街を1990年代の半ばごろからジュリアーニ市長によってクリーン化が進められました。いかがわしい店は姿を消し安全な地域へと生まれ変わらせ、観光客なども戻ってきたのです。

そして2009年には広場の一部が通行止めにし歩行者専用道にする試みを実施。その実験で安全性が高まり来訪者も増え、2016年には再設計されたタイムズスクエアに生まれ変わりました。

タイムズスクエアは安心してより観光やショッピングなどを楽しめるエリアになったというわけですね。

現在では安全な街として知られるニューヨークですが、その頃は昼間でも外国人が歩けない危険地帯もたくさんあったなんて信じられませんね。

夜のお出かけの緊張感が懐かしい記憶です。

 

吹き出し

タイムズスクエアの場所はこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る