Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2149枚
INFO 2022年8月2日:登録写真が2,100枚になりました。 2022年7月4日:登録写真が2,000枚になりました。
BLOG

琵琶湖タワーの大観覧車・イーゴス108のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】琵琶湖タワーの大観覧車・イーゴス108

場所   : 滋賀県 大津市

撮影年度 : 2010

サイズ  : 2400 x 1800 ピクセル

カメラ  : Canon IXY DIGITAL 25 IS

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「琵琶湖タワーの大観覧車・イーゴス108」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「琵琶湖タワーの大観覧車・イーゴス108」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

2013年まで滋賀県大津市にあったイーゴス108という大観覧車の写真です。

かつて世界最大の高さを誇った大観覧車は、遊園地の閉園後は廃墟の象徴ともなりました。しかし今はベトナムで第2の人生を歩んでいるんですよ。

こちらの「琵琶湖タワーの大観覧車・イーゴス108」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

吹き出し

世界一の高さを誇ったイーゴス108

1965年に開業したドライブインには、びわ湖タワーという63.5mのタワーがありました。そのドライブインは1967年に遊園地となりアトラクションや宿泊施設などが建設されます。

そして1992年には、びわ湖タワーに代る目玉として「イーゴス108」という大観覧車が建てられました。すごーいを逆読みしたイーゴスと108mの高さをつなげたイーゴス108という名称は話題にもなりましたね。

この観覧車、元々は107mだったらしいのですが、世界一の高さを狙って1mほど台座をかさ上げして建てたそうです。そして5年ほど世界一の高さの座を守り続けました。

イーゴス108のオープン当初がびわ湖タワーの最盛期には、1日1万3千人以上のお客様を乗せた人気の大観覧車でしたが、お客は少しづつ減っていき2001年についに業績不振によって廃業。それから2013年までの間は廃墟の象徴としての道を歩むことになりました。

 

吹き出し

愛情を持ってメンテナンスされていた「イーゴス108」

遊園地の施設が廃墟となっても、びわ湖タワーの社長が運営者がいれば再開したいとの思いから、この大観覧車は撤去はされませんでした。

それだけではなく、技術者の方とともに、駆動部分などのメンテナンスが行われ、廃墟の象徴となった後もずっと動かすことが出来ました。動かさないと駆動部の不具合が出るため、月に1回観覧車を動かしていたのです。

動かせたとはいえ塗装などは行われなかったのでサビは出ていましたが、閉鎖されてからも愛情を持って手がいれられていたので、見た目よりは状態はかなり良かったらしいです。

 

吹き出し

ベトナムで第二の人生を歩み始めた「イーゴス108」

遊園地の乗り物が他の国で第二の人生を歩むことは珍しくありません。2013年に大観覧車は売却され、イーゴス108のベトナムで第二の人生が決まりました。

サビはおとされ必要な部分はメンテナンスされましたが、メンテナンスが行われていたこともあり大きな修理は必要なく移築できたそうです。

そして、ベトナムのダナンの遊園地で2014年に「SUN WHEEL(サンホイール)」として稼働開始。サビて赤くなかっていたパイプが白く塗装されて見違えりました。

移築時には日本の環境にあわせて地震や暴風に耐えられる設計になっているそうなので、長くベトナムで愛されて欲しいですね。

 

吹き出し

写真を撮影したびわ湖タワーがあった場所はこちら

びわ湖タワーの遊園地は、イズミヤというスーパーマーケットやヤマダ電気のある場所にありました。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る