Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1613枚
INFO 2022年1月22日:登録写真が1,600枚になりました。
2021年12月10日:登録写真が1,500枚になりました。
BLOG

観覧車があった時代の琵琶湖大橋のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】観覧車があった時代の琵琶湖大橋

場所   : 滋賀県 守山市

撮影年度 : 2010

サイズ  : 2400 x 1800 ピクセル

カメラ  : Canon IXY DIGITAL 25 IS

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「観覧車があった時代の琵琶湖大橋」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「観覧車があった時代の琵琶湖大橋」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

かつて世界一の高さだった「イーゴス108」という観覧車がまだあった時代の琵琶湖大橋の写真です。知っている方からすると観覧車がある風景は懐かしいですね。

写真に写る「琵琶湖大橋」と「イーゴス108」という観覧車について簡単に紹介したいと思います。

またこちらの「観覧車があった時代の琵琶湖大橋」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

絶景!

北湖と南湖のを分ける「琵琶湖大橋」

琵琶湖にかかるカッコイイ橋は琵琶湖大橋と呼ばる国道477号線の橋で、車やバイクで走る場合は有料ですが、自転車や歩行者は無料でも通ることができる橋です。

琵琶湖の南の方にかかる橋なのですが、この橋を境にして、北側を「北湖」または「太湖」と呼び、南側を「南湖」と呼びます。

 

絶景!

びわ湖タワーの「イーゴス108」という観覧車

1992年(平成4年)、108mという世界一の高さをひっさげてイーゴス108という大観覧車が開設されました。イーゴスはスゴーイの逆読みで一般公募で決められた名前です。

イーゴス108のあったびわ湖タワーという遊園地には最盛期は1日5万人ほどの来客があったそうですが、客足が減少して2001年(平成13年)に廃業しました。

しかし廃業はしたものの、いつでも再開できるようメンテナンスを行い続け、2013年(平成25年)まで解体されずに保管されていました。

サビは多かったものの、1〜2ヶ月に1回メンテナンスで状態がよかったこともあり、2013年に解体されベトナムで第2の人生を歩むことになったのです。

 

絶景!

写真を撮影した場所はこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る