Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 674枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

海から見た氷川丸のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】海から見た氷川丸

場所   : 横浜 山下公園

撮影年度 : 2015

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「海から見た氷川丸」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「海から見た氷川丸」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

船で沖側から見た氷川丸の写真です。こちらの「海から見た氷川丸」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

戦争を生き残った奇跡の船

山下公園に係留されている氷川丸は、1930年にシアトル航路用に建造された日本郵船の12,000トン級の貨客船です。平時は太平洋航路で運用された船ですが、戦時中は病院船として運用されました。この時代の貨客船は戦争時にたくさん沈んでしまったのですが、氷川丸は戦争を生き残り、戦後は再び太平洋航路で活躍することになりました。

最終航海は1960年で、市民などの保存を望む声などによって保存が決定。不要なものを撤去する作業や船体を塗り替える作業を経て、観光船として山下公園に係留されることになりました。

係留後はユースホステルや見学施設として運営され、ビアガーデンをやっていたこともありました。緑、青、という船体色を経て、1980年代後半に日本郵船時代の黒い船体に戻ります。

そして2003年に横浜市指定有形文化財に指定されましたが、施設としての入場者の現象により、観光施設としての運営を終了して日本郵船に譲渡され、現在に至ります。また2016年には国の重要文化財に指定されました。

この時代の船の本を読むと、戦争での撃沈や解体を生き残っただけでも奇跡ですが、解体もされずに未だに海上に浮いているのは本当に奇跡の船だと思います。これからもずっと横浜のシンボルであってほしいですね!

 

氷川丸に関する本

氷川丸が建造された経緯から、それぞれの時代のエピソードが紹介された本です。氷川丸についてもっと知りたい方は是非お読み下さい。

 

この写真を撮影した氷川丸の場所とクチコミ

氷川丸は山下公園に係留されています。大変な時代を生き残った奇跡の船なのだと感じ取っていただければと思います!

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

横浜コスモワールドのメリーゴーランド
コスモクロック21が目印・よこはまコスモワールド
横浜赤レンガ倉庫1号館
赤レンガ倉庫の幸せの鐘
大桟橋の横浜三塔が同時に見えるスポット
大桟橋の入出国ロビー・柱のない大空間
ページのトップへ戻る