Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1496枚
INFO 2021年10月20日:登録写真が1,400枚になりました。 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。
BLOG

ツチイナゴの幼虫のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】ツチイナゴの幼虫

場所   : -

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません
カテゴリー→ ブログ , フォト , 生き物

「ツチイナゴの幼虫」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ツチイナゴの幼虫」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

ツチイナゴの幼虫の写真です。ツチイナゴは茶褐色のバッタですが、幼虫はとても綺麗な黄緑色の体をしています。

こちらの「ツチイナゴの幼虫」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

成虫で冬を越す唯一のバッタ「ツチイナゴ」

バッタ目イナゴ科に分類されるツチイナゴは、本州、四国、九州、南西諸島に分布しています。

茶褐色のバッタで野原などの草の多い場所でよく見かけ、トノサマバッタのようないかにもバッタらしい姿です。

日本のバッタ類は卵で越冬する種類ばかりですが、成虫で唯一越冬する種類のバッタとしても知られています。

ライフサイクルが普通のバッタと半年違うため、春に卵を産み、夏に幼虫が育ち、成虫は冬の間は枯れ草の下などで越冬するのです。

そのため、10月〜6月あたりまで見ることが出来る成虫は、茶褐色ですがこれは保護色でになっていると考えられています。

逆に夏に見る幼虫は葉っぱの色に近い綺麗な黄緑色というわけですね。

この幼虫の綺麗な色味と可愛らしい目や姿、私はけっこう好きなんですよねぇ。

 

機材

「ツチイナゴの幼虫」の写真を撮影したカメラはキヤノンEOS40D

「ツチイナゴの幼虫」の写真は、2006年発売のキヤノンのEOS40Dというカメラで撮影しました。もうかなり古いものなので中古は格安です。暗所性能は現代のカメラに太刀打ちできませんが使いやすくいいカメラです。

 

他にも!

昆虫のフリー画像あります

他にも昆虫のフリー写真素材はありますので、興味があればこちらも是非ご覧ください。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る