Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 601枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

ミニトマト「アイコ」・アザミウマによる金粉症のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】ミニトマト「アイコ」・アザミウマによる金粉症

場所   :

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ミニトマト「アイコ」・アザミウマによる金粉症」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ミニトマト「アイコ」・アザミウマによる金粉症」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

果肉が厚く中心部のゼリー状の部分が少ないアイコという品種のミニトマトをいただきました。少し黄色くなっているのはアザミウマによる金粉症だと思いますが、洗って食べるととても美味しいです。売り物のトマトのように見た目が綺麗ではありませんが、無料で使えるフリー画像に上げておきます。

 

アザミウマで金粉症なったミニトマトは食べれるの?

いただいたトマトは、市場に出荷していない農家さんからいただいたもので、農薬をほとんど使っておりません。そのため、表面にアザミウマによる金粉症が見られるものが多いです。

アザミウマとはスリップスとも呼ばれれ、一般的に体長は1mm以下の大きさの小さな昆虫です。トマトの開花時期に花に集まり子房に産卵し、成虫になるとトマトなどの表面を食べて傷が出来るため、このような黄色の斑点が出来てしまうのです。

アザミウマに表面を食べられたミニトマトは、売り物としては厳しいですが、体に害はないので洗って食べることが出来ます(あまりにひどいのは捨てて下さい)。写真程度のものであれば、食感もそれほど落ちません。

アザミウマの被害を減らすためには、農薬を使うしかありませんが、体の小ささを生かして隠れている場合もあるため、農薬が効きにくいとも言われています。家庭菜園などで作っていて農薬に抵抗があるならば、自然の素材を使ったものでも被害を軽減できる場合もあるそうなので、そのあたりは調べて実践してみてくださいね。

私はあまり気にせず、洗って美味しく食べてしまいます!新鮮なので美味しいですよ!

 

ミニトマト「アイコ」は美味しい!

この写真のミニトマトは「アイコ」という品種です。「アイコ」は、果肉が厚く中心部のドロッとした部分が少なく、酸味が少なく甘みが強いトマトです。そのためフルーツのような食感でとても良いので、トマトがあまり得意でない方でも美味しく食べれる可能性があります。実際に私がはじめて食べた時の衝撃も凄かったです。大きなトマトもプチトマトもあまり好きではないのですが、これはパクパクと食べれました!

関連する写真素材

器に入った山形県産のサクランボ
まだ小さな初もの桃
ブルーハワイとイチゴのかき氷
ぶどうの実
駄菓子屋さんの店内
ページのトップへ戻る