Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 681枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

横浜山手・エリスマン邸のサンルームのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】横浜山手・エリスマン邸のサンルーム

場所   : 神奈川県 横浜市 中区

撮影年度 : 2008

サイズ  : 2000 x 1500 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G3

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「横浜山手・エリスマン邸のサンルーム」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「横浜山手・エリスマン邸のサンルーム」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

横浜にある洋館の1つエリスマン邸は、モダンでかわいい感じの家になります。こちらの写真はそのエリスマン邸の室内の中のサンルームになります。この時代の横浜の洋館にはサンルームが必ずといっていいほどついています。

邸宅も小さめなため、サンルームも廊下を少し広げた感じでこぢんまりとしていますね。こちらの「横浜山手・エリスマン邸のサンルーム」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

1990年に移築・復元されたエリスマン邸

1926年に建てられたエリスマン邸は、スイス人貿易商のフリッツ・エリスマンの邸宅でした。設計はチェコ出身のアントニン・レーモンドという建築家で、帝国ホテル建設にきたフランク・ロイド・ライトの助手として来日しました。

このエリスマン邸はなんと1度マンション建設のために解体されたものが、横浜市が部材を買取り1990年に移築復元したものです。元々の入りは現在のエリスマン邸よりも南東に400mほどの場所にありました。

 

おすすめ!

エリスマン邸ののサンルーム

ほろんどの洋館にはサンルームというものがついています。サンルームといっても現在の洗濯物を干すイメージではなく、外の空間や光を室内で共有しながらのんびりした時間を過ごすことが出来るようなお部屋です。

絵に描いたような美しいサンルームもありますが、エリスマン邸のサンルームはどちらかというと、日本の旅館のような雰囲気(失礼)にも似ていますが、窓は1段多く設置してあるのでとても開放感があるシンプルでモダンサンルームです。

 

場所!

エリスマン邸の公式サイトや場所・クチコミ

小さめで可愛らしい感じの洋館・エリスマン邸の場所とクチコミです。シンプルな家なので、戦前の世界にタイムスリップするというより、外国に来たような気分になれる場所かなと思います。他の洋館とあわせて是非見学してみてくださいね!見学の詳細は公式ホームページで確認できます。

<神奈川の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」神奈川の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

横浜コスモワールドのメリーゴーランド
コスモクロック21が目印・よこはまコスモワールド
横浜赤レンガ倉庫1号館
赤レンガ倉庫の幸せの鐘
大桟橋の横浜三塔が同時に見えるスポット
大桟橋の入出国ロビー・柱のない大空間
ページのトップへ戻る