Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

ピンク色のセンニチコウ(千日紅)のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】ピンク色のセンニチコウ(千日紅)

場所   : 神奈川県 横浜市

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ピンク色のセンニチコウ(千日紅)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ピンク色のセンニチコウ(千日紅)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

夏から秋にかけて咲くセンニチコウ(千日紅)の苞(ほう)です。ポンポンした丸い形が可愛らしい姿ですね。こちらの「ピンク色のセンニチコウ(千日紅)」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

花に見えるのは葉に色が付いた苞(ほう)

センニチコウは、ヒユ科の一年草で、原産地は熱帯アメリカです。暑さに強く丈夫で育てやすいため、地植え、鉢植え、切り花など、さまざまな形で育てられています。

背丈は50cmほどになり、枝先に可愛らしい小さな丸い苞(ほう)をつけます。苞(ほう)というのは、花のように見える部分で、葉の集まりに色がついたものです。

花み見えるこの丸い苞(ほう)はなかなか色褪せず、長い間その姿を楽しむことが出来ます。苞(ほう)の色は、写真のピンクだけでなく赤や白や紫など様々な色があるので、お庭も華やかになりますね。

 

いいね!

ドライフラワーにも向いているセンニチコウ(千日紅)

もともとは仏花として伝わってきたセンニチコウですが、切り花にしても色褪せしにくく、ドライフラワーにしても鮮やかな色を長い間保てるので人気が出てきました。

 

おすすめ!

真夏のお庭にオススメ!暑さの中でも綺麗に咲き続ける

日当たりがあれば良く育ち乾燥にも強いため、手間がかからず育てやすいのがセンニチコウです。しかも、梅雨を過ぎて夏の高温になっても平然と咲き、秋まで長期間楽しめる花です。お庭に花が少なくなる夏から秋にかけて楽しめるのは嬉しいですね!夏に彩りが欲しい方におすすめです。

関連する写真素材

西方寺に咲く黄色い彼岸花 リコリス・オーレア
'西方寺のピンク色の彼岸花(リコリス)
西方寺の白い彼岸花(曼珠沙華)
ハスの花とハナバチ
西方寺で撮影した赤い彼岸花(曼珠沙華)の花
道ばたに咲いていたツルニチソウの花'
ページのトップへ戻る