Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キングの塔)のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キング)

場所   : 神奈川県 横浜市 中区

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF24-105mm F4L IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キング)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キング)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

いろいろな色でライトアップを楽しませてくれるようになった神奈川県庁本庁舎(キング)ですが、今はブルーライトアップで医療従事者にエールを送っていました。こちらの「ブルーライトアップされた神奈川県庁本庁舎(キング)」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

うんちく!

神奈川県庁はキングと呼ばれる

横浜には横浜三塔と呼ばれる塔を持つ建物があり、「キング」「クイーン」「ジャック」と呼ばれて親しまれています。「キングの塔」を持つのは神奈川県庁本庁舎、「クイーンの塔」を持つのは横浜税関、「ジャックの塔」を持つのが横浜市開講記念会館です。

写真の建物は、「キングの塔」を持つのは神奈川県庁本庁舎で、塔の高さは49m、1928年(昭和3年)に完成。国指定重要文化財になっています。

 

へぇ!

医療従事者にエールを送るブルーライトアップ

神奈川県庁本庁舎(キングの塔)はブルーライトアップされていました。このブルーライトアップは、新型コロナウイルス感染症の治療に関わる医療従事者に感謝とエールの気持ちを伝える試みとして、2020年の3月下旬にイギリスから全世界へと広がっていったものです。

なぜ青い色でライトアップをするのかというと、発祥であるイギリスのナショナル・ヘルス・サービスという国営医療サービスのシンボルカラーが青だったことが由来です。

 

おすすめ!

日本でも広がったブルーライトアップ

神奈川県庁本庁舎(キングの塔)に限らず、全国的の様々な施設でブルーライトアップをしています。最近なんとなく青いライトアップが多いな?と思った方も多いと思いますが、医療従事者に感謝とエールの気持ちを伝えるためだったのです。

日本では4月あたりからこの試みに参加した所が多く、現在でも引き続きブルーライトアップをしている所も多いです。街中で青いライトアップを見かけたら、医療従事者に感謝する心を思い出してくださいね。

 

場所!

写真を撮影した神奈川県庁本庁舎(キング)の場所とクチコミ

写真を撮影した神奈川県庁本庁舎(キング)の場所はこちらです。6階に神奈川県庁本庁舎歴史展示室と屋上展望代があり見学も可能です。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

横浜山下公園の赤い靴はいてた女の子の像
山下公園のライトアップされた水の守護神像
横浜らしい風景が見れる、横浜港シンボルタワー
昼間の横浜赤レンガ倉庫2号館・バルコニー側
象の鼻パークから見た大桟橋と飛鳥II
青と白とのコントラストが美しいべーリックホールの洗面所
ページのトップへ戻る