Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 595枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

チャツボミゴケ公園の穴地獄のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】チャツボミゴケ公園の穴地獄

場所   : 群馬県 吾妻郡

撮影年度 : 2018

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XC16-50mm F3.5-5.6 OIS

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「チャツボミゴケ公園の穴地獄」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「チャツボミゴケ公園の穴地獄」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

穴地獄と呼ばれる露天ぼりで出来た穴に硫黄のにおいが漂う温泉水が流れ、岩の部分にはチャツボミゴケが群生している風景が眺められるのがチャツボミゴケ公園です。その「チャツボミゴケ公園の穴地獄」の写真は無料で使えるフリー画像になっていますので、気に入りましたら規約の範囲内で是非お役立て下さい。

 

へぇ!

鉄鉱石の露天堀りで出来た穴地獄

群馬県吾妻郡中之条町にあるチャツボミゴケ公園・穴地獄は国指定天然記念物に指定されているスポットです。この地は鉄鉱石の鉱床があり、戦前戦後に国内生産量第二位を誇る露天掘りが行われていました。その露天掘りで掘ったくぼみに動物が落ちると抜け出せずに死んでしまうことから「穴地獄」と呼ばれるようにもなりました。

 

おすすめ!

酸性の水を好むチャツボミゴケ

穴地獄には酸性の温泉が湧き出ており、そこに自生しているのが酸性の水を好むチャツボミゴケですです。チャツボミゴケ公園ほど広範囲にチャツボミゴケが自生しているのは珍しく、東アジア最大級の群生を形成しています。

 

いいね!

新しい観光スポットとして注目

鉱山を持っていたJFEから中之条町に2012年(平成24年)に譲渡されたました。そして、チャツボミゴケ公園は2012年(平成24年)に中之条町の天然記念物に、翌年の2013年(平成25年)に群馬県の天然記念物に、そして2017年(平成29年)には国の天然記念物に指定。またチャツボミゴケ公園のある芳ヶ平湿地群は、ラムサール条約にも登録されているんですよ。

 

場所!

チャツボミゴケ公園の場所とクチコミ

チャツボミゴケ公園は草津温泉中心地からクルマで30分ほどの所にあります。ゆっくりと遊歩道を歩いても気持ちいい所です。

営業時間:9:00〜15:00
定休日:12月〜4月は冬季閉園(開園時期はHPをご覧下さい)
入園料:600円

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

チャツボミゴケ公園・渓流の紅葉風景
東沢大橋展望台(赤い橋)・清里の紅葉
大菩薩嶺・唐松尾根から眺める富士山
温泉にある木の手桶
温泉と手桶
修禅寺ともみじ
ページのトップへ戻る