Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

デスバレー国立公園のバッドウォーターの写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

【無料写真素材】デスバレー国立公園のバッドウォーター

場所   : アメリカ合衆国

撮影年度 : 1998

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「デスバレー国立公園のバッドウォーター」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「デスバレー国立公園のバッドウォーター」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

海抜-86mにあるバッドウォーターはあまりの暑さのために干上がった塩湖です。こちらの写真は1998年に撮影しネガフィルムをデジタル化している古いものですが、こちらの「デスバレー国立公園のバッドウォーター」の写真は無料で使えるフリー画像になっていますので、気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

絶景!

干上がったバッドウォーターという真っ白な湖

デスバレー国立公園内にあるバッドウォーターという湖は、海抜-86mの北アメリカ大陸で最も低い場所にあります。死ぬほど暑いデスバレーの暑さで干上がってしまった湖がバッドウォーターという塩湖です。

バッドウォーターの塩は模様を描きながら、白い世界が先まで続いており、その上を歩けるのも魅力です。今では塩水だまりのみが残る湖ですが、何十万年も前は水深183m以上の湖だったというから驚きですね。

 

うんちく!

かつて世界最高の56.7℃を記録したデスバレー

アメリカ合衆国・カリフォルニア州のデスバレー国立公園は、海抜が低く、とても暑いことで有名で、かつて世界最高の56.7℃を記録し、平均年間降水量は50mmほどの過酷な場所です。-86mの回りには盆地になっているため、熱も逃げないためにその暑さは尋常ではなく、毎年暑さで死者を出すほどの場所なのです。

へぇ!

デスバレーの名前の由来

ゴールドラッシュの時代、鉱山へ向かう途中のグループが近道をしようとし、このデスバレーへ迷い込みました。広大な盆地の中を暑さと飢餓と水不足に苦しみながら数週間さまよい、命を落とした事が名称の由来になっています。なんとか生き残った人が谷を立ち去る時に「グッバイ・デスバレー」とも言ったそうです。

 

裏話!

11月近くでも暑くて暑くてシャツ1枚で走りました(観光客は短パン半袖)

盆地にどんどん降りるにつれて、どんどん気温が上がっていきました。11月間近という季節なのに、この盆地に入った途端にバイクのジャケットを着ていられない暑さになりました。見かける観光客はもちろん半袖短パン(あるいは上半身裸)です!

あまり褒められたことではないですが、シャツ1枚だけはおりバイクを走らせました。でないと暑さで死にそうだったので・・・

実際、真夏には年間何人かは亡くなる場所で、すぐに熱中症になってしまう場合も多いそうです。ですので真夏はツアーも催行されなかったり、推奨もされていない場所。ですので、少し涼しい時期に行ってください。それでも十分暑いですから!

 

場所!

写真を撮影したバッドウォーターの場所とクチコミ

広大な殺風景な景色が広がる場所なので、日本人が好きな景色かはわかりませんが、海抜-86mの過酷な世界を体験してみる価値はあると思います!

ページのトップへ戻る