Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 594枚
INFO 2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

日本最南端の波照間島・高那崎のダイナミックな断崖のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】日本最南端の波照間島・高那崎のダイナミックな断崖

場所   :

撮影年度 : 1991

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「日本最南端の波照間島・高那崎のダイナミックな断崖」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「日本最南端の波照間島・高那崎のダイナミックな断崖」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

日本最南端の有人島・波照間島

日本の領土の最南端は沖ノ鳥島ですが、旅行者が行ける人の住む島としての日本最南端は、沖縄県の波照間島(はてるまじま)になります。起点となる石垣島からは、1日3便ほどある高速艇で2時間ほどの距離にあります。

 

日本最南端の碑の先に1kmの海食崖が続く

最南端には日本最南端の碑があり、その奥にいくと断崖絶壁があり、この一体の岬は高那崎と呼ばれます。掲載の写真はその高那崎の写真です。高さ十数メートルと高さはあまりありませんが、崖がどこまでも続くダイナミックな風景を目にした時は感動しました。この岩場は琉球石灰岩で出来ており、海食崖が1kmにわたって続いています。

 

その他の観光スポット

記念写真的なものしか撮っていないので、掲載できるような写真がないのですが、波照間島は美しい砂浜や海を見ることが出来るニシ浜があります。八重山諸島で最も綺麗といわれている浜で、実際とても美しかったのは記憶に残っています。

観光スポットとしては、日本最南端の碑や高那崎、ニシ浜あたりがメインになり、端っこに行きたい人以外はあまり行かない場所です。しかし素朴な波照間の民家など、観光スポット以外の場所を散策すると面白い発見がある島でもあります。

 

写真を撮影した日本最南端の碑(高那崎)の場所とクチコミ

石垣島までは比較的行きやすいですが、そこから時間をかけてはなかなか行かない場所です。観光地らしい観光地はないですが、他の島よりも観光地化があまりされておらず、素朴な島の風景も楽しむ事が出来ます。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

大磯港と漁船
亀老山展望公園・パノラマ展望台からの風景
男鹿半島・入道崎の草原と日本海
荘厳なクラシックイメージの夕焼けと夕陽
三陸・宮古の浄土ヶ浜と石積み
若洲海浜公園から見た東京ゲートブリッジの夜景
ページのトップへ戻る