Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1354枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

水浴びをするヘラジカのフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】水浴びをするヘラジカ

場所   : カナダ ユーコン州

撮影年度 : 1998

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ネガフィルム)

レンズ  : 不明

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「水浴びをするヘラジカ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「水浴びをするヘラジカ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

水浴びをするヘラジカ(ムース)のメスの写真です。バイクツーリングで望遠レンズを盛っていないのが残念でした。

こちらの「水浴びをするヘラジカ」の写真は、ネガフィルムで撮影した古いものですが、無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

シカ科の中で最も大きいヘラジカ

アメリカ北部やカナダ、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、ロシア、中国東北部など、少し寒い地方に生息しているシカがヘラジカ(ムース)です。

現世のシカ科の動物では最大の大きさで、写真のメスよりもオスの方が体長が長く体重も重いです。

立派なツノを持つオスの場合で体長2.4〜3.1m、体重380~700kgほどあります。人の身長よりも随分大きいことを想像すると大きさが分かってもらえるかなと思います。

 

へぇ!

カナダではムースと呼ぶ

日本ではヘラジカと呼ぶのが一般的ですが、写真を撮影したカナダではムースと呼ばれています。

ユーラシア大陸のヘラジカはエルク、北アメリカのヘラジカはムースと呼んでおり、北アメリカのエルクと呼ばれているシカはヘラジカではありません。

エルクの記事を書いた時にも少し書きましたが、ヨーロッパの冒険家が北アメリカのワピチをヘラジカと間違えてエルクと呼んだことから呼び方にねじれができたそうです。

カナダを旅しているとエルクやムースを何度となく見かけますが、大きなムースを見た時は本当に興奮が収まりません!

関連する写真素材

ページのトップへ戻る