Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1225枚
INFO 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。
BLOG

堂ヶ島の三四郎島とトンボロのフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】堂ヶ島の三四郎島とトンボロ

場所   : 静岡県 賀茂郡

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-S10

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「堂ヶ島の三四郎島とトンボロ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「堂ヶ島の三四郎島とトンボロ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

西伊豆 堂ヶ島は干潮時に瀬が現れて海の先の島へと渡ることが出来ます。トンボロと呼ばれる珍しい現象が見れる場所なのです。

こちらの「堂ヶ島の三四郎島とトンボロ」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

3つにも4つにも見える三四郎島

西伊豆の絶景スポットとして知られる堂ヶ島の三四郎島は、沖合約200mの所にある象島(伝兵衛島)、中之島、沖ノ瀬島、高島の4つの島です。

見る角度によって3つに見えたり4つに見えたりすることから、三四郎島と呼ばれています。

 

いいね!

海の上に出来た瀬を歩いて島へ渡れるトンボロ

三四郎島の前の海は、干潮時に海の水が引いて瀬ができるトンボロと呼ぶ現象が起こります。

その先にある象島(伝兵衛島)へまるで橋がかかったかのようになり、瀬を歩いて島へと渡ることが出来るのです。

道が出来ると人は渡りたくなるもの・・・そこを歩く人を含め、なかなか面白い風景を見ることが出来ます。

また、細い道にはさまざまな海の生き物が一時的に取り残されるので、ひと味違った磯遊びも楽しめますよ。

トンボロは潮の干満によって見れる日と見れない日がありますので、西伊豆町のホームページなどでご確認ください。

 

機材

「堂ヶ島の三四郎島とトンボロ」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

「堂ヶ島の三四郎島とトンボロ」の写真は、2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

 

場所!

堂ヶ島・三四郎島の場所はこちら

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る