Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 603枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

西オーストラリア・ブルーム近郊にあるケーブルビーチの夕景のフリー写真素材

【無料写真素材】西オーストラリア・ブルーム近郊にあるケーブルビーチの夕景

場所   : オーストラリア

撮影年度 : 1994

サイズ  : 2000 x 1337 ピクセル

カメラ  : Nikon FE または FA(ポジフィルム)

レンズ  : 不明

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ケーブルビーチの夕焼け」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ケーブルビーチの夕焼け」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

ラクダに乗ってお散歩が出来るケーブルビーチ

ケーブルビーチはオーストラリア北西部にあるブルームという町から約7kmのところにあります。ラクダに乗って海岸をお散歩できることでも有名です。私はラクダには乗りませんでしたが、砂浜で眺めた夕焼けがとても美しく印象的でした。こういう所では時間を忘れて風景を魅入ってしいまいますね!

また、22kmにわたるケーブルビーチでは、3〜10月の満月から数日間の干潮時に、月への階段と呼ばれる自然現象も楽しむことが出来ます。満月の光が海面に反射して、まるで月へ階段がかかったように見える現象で、そのまま別世界へ行けるような美しさです。

 

リバーサルフィルムで撮ったケーブルビーチ

せっかくこんな美しい所にいたのだから、いっぱい写真を撮ればよかったのですが、1994年当時はカメラもデジカメではなくフィルムカメラ。現像代にお金がかかるので、プロ以外は記念撮影をするくらいしか写真を撮らない時代でした。

この時はNikon FEというカメラで、ここぞという所だけリバーサルフィルムを使って写真を撮っていました。デジカメのように仕上がりがその場で分からないので、ウデもなかった私には偶然綺麗に撮れた写真しか残っていません。

日本で現像してから思いましたが、ネガフィルムと違って、今のデジカメに劣らない綺麗さで撮れていたので、もっともっと風景をリバーサルフィルムに収めておけばよかったとずっと思っています。

 

ケーブルビーチの場所

関連する写真素材

海と車(千里浜とカローラアクシオ)
桧垣鉄工所前から見る来島海峡大橋
大磯港と漁船
大桟橋から見るサンセットタイムのみなとみらい
かなとこ雲がかかるみなとみらい地区'
亀老山展望公園・パノラマ展望台からの風景
ページのトップへ戻る