Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 850枚
INFO 2021年1月31日:登録写真が800枚になりました。 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。
BLOG

横から見た多摩川の川崎河港水門のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】横から見た多摩川の川崎河港水門

場所   : 神奈川県 川崎市 川崎区

撮影年度 : 2008

サイズ  : 1440 x 1920 ピクセル

カメラ  : Casio EX-Z700

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「横から見た多摩川の川崎河港水門」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「横から見た多摩川の川崎河港水門」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

凝ったレリーフで大正ロマンを感じることが出来る水門が川崎河港水門です。運河・港湾計画のメインゲートとして建てられたこちらの「横から見た多摩川の川崎河港水門」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

うんちく!

運河・港湾計画のメインゲートとして作られた水門

多摩川の下流にある川崎河港水門は、大正時代末期に計画され昭和3年に完成した水門です。当初は多摩川の堤防から内陸部へ運河を開通させ、工場用地などの拡大を図る計画のメインゲートとして設計されました。

しかし第一次世界大戦の好景気によって計画されたこの運河・港湾計画は、第二次世界大戦の開戦により状況が一変。運河は水門より220mほど開鑿されただけで中断し、運河・港湾計画は昭和18年に廃止となりました。

 

いいね!

凝った装飾が施されている歴史を感じる水門

川崎河港水門には、窓部分にレリーフが施されていたり、側面の縦にはいったストライプも見ごたえがあります。歴史を感じるこの川崎河港水門は、1998年に国の登録有形文化財になっています。

この水門の設計者は当時の内務省技師の金森誠之氏で、水門の上部の装飾部分は建築家の久留氏が腕を振るいました。メインゲートの役割があったためか、川の水門としてはとても凝ったデザインで大正ロマンを感じることが出来ます。

 

川崎河港水門の場所とクチコミ

<東京の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」東京の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る