Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 868枚
INFO 2021年1月31日:登録写真が800枚になりました。 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。
BLOG

北海道のどこまでも続く砂利道のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】北海道のどこまでも続く砂利道

場所   : 北海道 天塩郡

撮影年度 : 1990

サイズ  : 2400 x 1575 ピクセル

カメラ  : コンパクトカメラ または 不明(ネガフィルム)

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「北海道のどこまでも続く砂利道」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「北海道のどこまでも続く砂利道」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

イメージガレージをやり始めてから800枚目の写真になりました!キリ番の写真は、個人的に思い入れがある写真を投稿していますが、今回はまっすぐと続く砂利道です。

旅をすることにハマりはじめた時の写真で、自分の原点でもあったなぁと感じられる写真だと思っています。今回はこの道やこの頃の事について少し書きたいなと思います。

こちらの「北海道のどこまでも続く砂利道」の写真もフリー写真素材です。1990年に撮った古いネガフィルムの写真ですが、規約の範囲内で使っていただいてかまいません。

 

いいね!

ガイドブックに載っていない風景と道の魅力

北海道最北端・宗谷岬へと続く道道106号線(当時は道道909号線)という道が日本海側を走っています。オロロンラインとも呼ばれ、天塩から稚内まで約68kmの舗装路です。

その道道106号線の一本内側に入ると、大平原の中に真っ直ぐな砂利道が走っていました。(正確な場所は覚えていないので確認もできないのですが、おそらく今は舗装化されています)

個人的に道道106号線(オロロンライン)よりも北海道らしく感じ、またガイドブックにも載っておらず、ほとんどの人が走らない道の魅力を発見しました。

その体験から私は今でも脇道にそれることが大好きで、気になる道があるとそちらのほうへ走って行ってしまうのです。もっと色々な所を走ってみたいという思いも強くなり、時間があれば旅に出るという時期を過ごしたのです。

こちらに今まで走った道の写真をいくつかを掲載していますので、興味がありましたら是非ごらんください。今までに走った道の写真も少しづつアップしていく予定です。

 

場所!

この写真を撮影した砂利道の場所

おそらくこの辺です。今は舗装路になっていると思います。

 

今までのキリ番写真の紹介

好きな写真、思い入れのある写真をキリ番の時に掲載しています。いままでの写真を振り返ってみたいと思います!

100枚目・・不思議な数字が書かれた土手の構造物

200枚目・・縦ストライプが格好いい金属壁

300枚目・・ゲームのようにかっちょいい工場夜景

400枚目・・配管と縦ストライプ

500枚目・・月明かりで輝く海

600枚目・・カラマツ林の中を走る林道

700枚目・・神々しかった天使の梯子

<行きたいエリアのおすすめ観光スポットが探しやすい!>
観光スポット約25,000件!楽天たびノート
<安心のバスツアーでいい想い出をたくさん作ろう!>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る