Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 761枚
INFO 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。 2020年12月13日:モバイルのデザインを変更しました。
BLOG

男はつらいよ・フーテンの寅さんの銅像 のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】男はつらいよ・フーテンの寅さんの銅像

場所   : 東京都 葛飾区

撮影年度 : 2017

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Canon EF28-70mm F2.8L USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「男はつらいよ・フーテンの寅さんの銅像」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「男はつらいよ・フーテンの寅さんの銅像」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

映画「男はつらいよ」で知られているフーテンの寅さんの銅像の写真です。とても人気のあったシリーズで押しの強いキャラの銅像はとても人気がありました。こちらの「男はつらいよ・フーテンの寅さんの銅像」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

柴又駅前の大人気のフーテンの寅さん像

柴又駅前にあるフーテンの寅さんの銅像は1999年に設置されました。大きさはほぼ等身大で180cm。台座を含めると2m30cmある像です。このフーテンの寅さん象は、旅に出る寅さんが、さくらの方を振り返ったシーンを再現。振り向いた所にさくらの銅像も設置されています。

2017年の休日の柴又駅で見ましたが、とにかく人気で記念写真を撮る人達がひっきりなし!のんびりとシャッターチャンスを待っている時間もなかったため、中途半端な構図の写真になってしまいました・・・・。

男はつらいよシリーズを知っている世代はもちろんですが、押しの強いキャラだからかほとんど映画を見ていないと思われる世代も寅さんと一緒に写真を撮っていました。銅像でも人気のある寅さんなのでした。

 

おすすめ!

フーテンの寅さんが主人公の男はつらいよ シリーズ

映画「男はつらいよ」は、1969年に第一作が公開され、1995年まで48作品が作られた大人気のシリーズで、主人公の寅さんは渥美清が主演しました。毎回旅先で出会うマドンナとの恋愛模様、旅先での美しい風景、そして柴又を舞台にして繰り広げられる人情喜劇です。

失恋劇やエンディングなど毎回想像が出来るため、ワンパターンと言われながらも多くの人に支持されていた映画です。私の世代は、たまに見た、見てはいないが有名なので知っているという感じですが、シニア世代にはとても懐かしいシリーズです。

 

おすすめ!

柴又駅から柴又帝釈天への参道へと続く

フーテンの寅さん像や見送るさくら像がある柴又駅は、京成電鉄金町線の駅になります。映画「男はつらいよ」の雰囲気を醸し出す瓦葺き風の駅舎が特徴で、関東の駅百選にも選定されました。

柴又の象徴とも言える柴又帝釈天へは駅前から参道が続いており、お正月や庚申の日には多くの参拝客で賑わう駅です。寅さん関係の観光名所も多いですが、レトロな下町の町並みが楽しめるエリアです。

<東京の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」東京の観光スポット
<安心の国内バスツアーで想い出をたくさん作ろう。>
ミステリーツアーなど人気ツアー満載!クラブツーリズムのバスツアー

 

場所!

フーテンの寅さん像は駅の目の前にあります

フーテンの寅さん像がある柴又の地図と口コミです。駅周辺から江戸川の方まで散策してみると楽しいと思います。

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る