Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 604枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

南方系チョウチョ・ツマグロヒョウモンのオスのフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】南方系チョウチョ・ツマグロヒョウモンのオス

場所   : 神奈川県

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「南方系チョウチョ・ツマグロヒョウモンのオス」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「南方系チョウチョ・ツマグロヒョウモンのオス」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

南方系のチョウチョのツマグロヒョウモンは現在勢力拡大中のチョウチョです。関東でも普通に見られるようになったこちらのツマグロヒョウモンの写真は無料で使えるフリー画像ですので、何かの際には是非お役立て下さい。

 

ツマグロヒョウモンの柄

チョウ目タテハチョウ科のツマグロヒョウモンは、名前の通りヒョウ柄の翅で、この翅はオスとメスで少し見た目が異なります。オスは写真のようにオレンジ色のヒョウ柄が翅全体にありますが、メスの翅の先端は黒っぽくなっているのが特徴です。メスを見つけたら写真を撮ってアップしたいと思います。

 

勢力をどんどん北に伸ばしているツマグロヒョウモン

ツマグロヒョウモンはもともとは南方系チョウチョです。日本では南西諸島、九周、本州南西部が生息域で、最近で北関東地方でも見れる蝶になってきました。生息域を北へ伸ばしているのは、温暖化で環境が合ってきたことが大きいです。

その生息域ですが、1980年代までは近畿地方より西にしか生息していませんでした。その後1990年代には東海地方、関東地方南部、富山や新潟の平野部でも見れるようになりました。現在はというと北関東にも定着し、関東圏で普通に見られるようになっています。

 

パンジーやビオラなどのスミレ類を餌にする幼虫

勢力を拡大している理由に幼虫の餌が豊富にあることもあげられます。チョウの幼虫は食べるものがはっきりしているのですが、このツマグロヒョウモンの幼虫はスミレ類を食べます。スミレというとピンと来ないかもしれませんが、パンジーやビオラなどの庭に咲いている園芸種も食草になるのです。

幼虫の餌が住宅街に普通にあることや、卵がビオラやパンジーについていて移動しているというのもあるそうです。ちなみに、ツマグロヒョウモンの幼虫は、黒とオレンジでトゲトゲのあるおどろおどろしい毛虫の形をしています。触るとチクッとすることはありますが毒はありませんので、基本的に人体に害を及ぼすということはありません。まぁ、触りたいとは思わないですけどね・・。

関連する写真素材

葉にとまるアゲハチョウ(ナミアゲハ)
蝶:オオゴマダラ
セセリチョウの仲間・イチモンジセセリ
ヒメウラナミジャノメ
斜め上から見たヒメウラナミジャノメ
後翅に蛇の目紋が5つあるヒメウラナミジャノメ
ページのトップへ戻る