Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1354枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観

場所   : 静岡県 賀茂郡

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-S10

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

ウルトラ生ジュースが飲めることで知られる、旅の駅「伊豆オレンヂセンター」の写真です。

こちらの「旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

旅の駅「伊豆オレンヂセンター」

伊豆東海岸・国道135号線の稲取と今井浜の間にある休憩スポットが「旅の駅・伊豆オレンヂセンター」です。

伊豆オレンヂセンターは温暖な伊豆の地で収穫されるミカンなどのオレンジ類を売りにしている、旅の駅(道の駅のような民間商業施設)スタイルのお店です。

観光客が多く通る道路沿いにあるため、いつもたくさんの人が訪れて賑わっているイメージがあります。

余談ですが「伊豆オレンヂセンター」は、「オレンジ」ではなく「オレンヂ」というネーミング。

1966年(昭和41年)にオープンした歴史あるお店なので、少しナルホドと思いますね!

 

おすすめ!

一番の名物はウルトラ生ジュース

現地での一番の売りは、「一杯飲んだら3年長生き(なんて…)」のキャッチフレーズで知られる「ウルトラ生ジュース」です。

伊豆の地元の農家さんが育てたミカンを絞り、ミカンの花から採れたハチミツをいれてジュースを作ります。

ミカンは、その時期に採れる美味しいみかんを使っているので、シーズンによって違うみかんの味も楽しめます。

12月下旬〜3月下旬は「青島温州みかん」
4月中旬〜6月中旬は「甘夏みかん」
9月下旬〜10月中旬は「極早生温州みかん」
10月中旬〜12月中旬は「早生温州みかん」

 

いいね!

旬のみかん定期便やミカンを使った加工品も

現地のお土産品も置いてある伊豆オレンヂセンターですが、ミカンやオレンジなどの柑橘類を売りにしているのは建てではありません。

オレンジを使ったドレッシングやオレンジのジャム、みかんのクッキーなど加工品も豊富です。

また、伊豆のみかんを生で食べたい人には、旬のみかん定期便もあり、年に6回ミカンが配送されるサービスもあります。

旬のみかん定期便は、1回につき2〜4種類のミカンが4〜5kg送られてくるスタイル。多品種を少量づつ梱包してくれるので食べ比べがしやすいのもいいですね。

公式ホームページのリンクも貼っておきますので、興味があれば是非ご覧ください。

 

機材

「旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

「旅の駅・伊豆オレンヂセンターの外観」の写真は、2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

 

場所!

伊豆オレンヂセンターの場所やクチコミ

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る