Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1011枚
INFO 2021年3月31日:スマホのトップページの写真表示を変更しました
2021年3月18日:登録写真が900枚になりました。
BLOG

お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎのフリー写真素材

【無料写真素材】お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎ

場所   : -

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-S10

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません
カテゴリー→ ブログ , フォト , 食べ物・料理

「お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

へぇ!

お彼岸に食べる和菓子、「おはぎ」と「ぼた餅」の違い

お彼岸の時に食べる「おはぎ」の写真です。もち米またはもち米とうるち米を混ぜて炊いて丸めたご飯に、あんこやきな粉を包んだ食べ物です。

「おはぎ」は「ぼたもち」とほとんど同じ食べ物で、本来は、「牡丹餅」と書く「ぼた餅」は牡丹なので春の食べ物、「御萩」は秋の食べ物を指しますが、現在はあまり区別されずに使われています。

私の家では春も秋も「おはぎ」と呼んでいますが、父がたまに「ぼた餅」の方の言葉を使うことがあります。私の実家では、きな粉のおはぎは作ったのを見たことがありませんので、きな粉を見ると新鮮に感じます!

よく考えると、ごはんにあんこの組み合わせってすごいですよね!それに、和菓子といいつつ、お彼岸の主食になっている気がします

 

おすすめ!

お彼岸って?

春分の日と秋分の日を中日として、前後3日間の計7日間をお彼岸といいます。ご先祖様に感謝し、お墓参りに行く期間です。現在でもしっかりと続いている風習です。お彼岸の詳しい話はいずれ書いてみたいと思います。

 

機材

「お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎ」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

「お彼岸に食べるきな粉とあんこのおはぎ」の写真は、2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

 

食べ物の写真

お店の料理や伝統料理など、自分が食べた写真を紹介しています。こちらも是非ご覧ください。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る