Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 681枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

お刺身の盛り合わせのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】お刺身の盛り合わせ

場所   : -

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF23mm F2 R WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「お刺身の盛り合わせ」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「お刺身の盛り合わせ」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

お刺身は料理としては江戸時代に急速に広まりました。今では日本の食文化の一つになったお刺身がなぜ江戸時代に広まったのか、お伝えしたいと思います。また、こちらの「お刺身の盛り合わせ」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

いいね!

江戸の立地と濃口醤油の誕生で、生魚を食べる文化が一気に拡大

お刺身は、江戸時代に江戸で一気に広まった料理です。お刺身自体はそれ以前より食べられていましたが、江戸以前の政治や文化の中心であった京都では新鮮な海水魚が手に入りにくい立地でした。

海から新鮮な魚介類が手にはいる立地である江戸が日本の中心になり、お刺身のように鮮度が命である料理が急速に発達していったのです。

江戸時代にお刺身が発達した理由はもう一つありました。濃口醤油の誕生です。魚の生臭さを抑えてお刺身の味を引き立てる濃口醤油が江戸時代中期からは大量に生産されはじめました。それがご飯とお刺身を組み合わせた握り寿司へもつながりました。

この海水魚を生で食べる文化が生まれたことで、マグロやカツオのような一般的に加熱してしまうと味が落ちてしまう魚も、生で美味しく食べる文化へとつながっていったのです。日本のお刺身文化は、江戸の立地と濃口醤油の誕生があったからこそなのですね。

<美味しいお料理をお店で食べよう!>
飲食店のネット予約なら 食べログ

関連する写真素材

特製醤油ラーメン
ソロキャンプ用のグリルプレートで焼いたソーセージ
釣った魚(メジナ)をキャンプで調理
お刺身盛り合わせ(サーモン)
干されている切り干し大根
干している切り干し大根
ページのトップへ戻る