Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

斜めに架かる鶴見川の橋新川向橋のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】斜めに架かる鶴見川の橋新川向橋

場所   : 横浜市 港北区・都筑区

撮影年度 : 2019

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Sigma 18-200mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「斜めに架かる鶴見川の橋新川向橋」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「斜めに架かる鶴見川の橋新川向橋」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

鶴見川の新川向橋の写真です。横浜上麻生線が通るこの橋は斜めにかかっているのが特徴で、勾配も思ったよりもきつい橋です。こちらの「斜めに架かる鶴見川の橋新川向橋」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

鶴見川の斜めに架かっている橋、新川向橋

鶴見川をまたぎ、横浜市都筑区川向町と横浜市港北区小机町をつないでいる新川向橋は、昭和52年3月(1977年)に竣工した橋です。橋の長さは104m、有効幅員13mで、主要地方道である神奈川県道12号線「横浜上麻生線」が走っています。

この橋の特徴はなんと言っても斜めになっていること!川を渡る橋は、川の土手の高さにかけるのが通常ですが、この橋は畑や田んぼがある横浜市都筑区川向町の低い土地から、横浜市港北区小机町側の小高くなっている丘まで斜めにかけられています。

車では苦にならない勾配でも、歩きや自転車ではかなりきつい勾配がついています。昔ながらの古い橋は建築しやすい無理のない場所にかかっている事が多いですが、さすが「新」がつく橋ですね。

ちなみに、この写真を撮っている橋は、「川向橋」といい、昔ながらの橋です。自転車や徒歩での場合はみんなこちらの平坦な道を使って川を渡ります。

 

場所!

この写真の新川向橋の場所とクチコミ

斜めの新川向橋の場所はこちらです。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

桧垣鉄工所前から見る来島海峡大橋
鶴見川サイクリングコース沿いの阿部商店の吊り下げ旗
鶴見川とピンク色の妖艶な夕焼
広島県尾道市側から見た多々羅大橋
鶴見川源流の泉
若洲海浜公園から見た東京ゲートブリッジの夜景
ページのトップへ戻る