Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2008枚
INFO 2022年7月1日:ダウンロードランキングのページを作りました。 2022年6月3日:登録写真が1,900枚になりました。
BLOG

忠犬ハチ公の銅像のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】忠犬ハチ公の銅像

場所   : 東京都 渋谷区

撮影年度 : 2009

サイズ  : 1800 x 2400 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G9

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「忠犬ハチ公の銅像」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「忠犬ハチ公の銅像」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

東京の渋谷駅にある忠犬ハチ公の銅像の写真です。渋谷駅では待ち合わせ場所としてとしても有名な所ですね。

こちらの「忠犬ハチ公の銅像」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

絶景!

世界的に知られる渋谷駅のシンボル「忠犬ハチ公」

渋谷駅には待ち合わせの場所として忠犬ハチ公の銅像が有名です。渋谷駅をよく使う人は一度は待ち合わせに使ったことがあるのではないでしょうか?

リチャードギアのハチ公の映画「HACHI 約束の犬」の公開もあって、を日本だけでなく世界的にも観光名所として有名になっているんですよ。

 

絶景!

約10年間、主人を待ち続けた「忠犬ハチ公」

私よりももっと上の世代にはとても馴染みのある犬が「忠犬ハチ公」です。

その年代だと知らない人はいないくらいですが、今では知らない人もいると思うので少し忠犬ハチ公を紹介したいと思います。

忠犬ハチ公は1923年(大正12年)生まれの秋田犬で、東京帝国大学教授の上野英三郎博士に飼われていました

上野英三郎博士はハチをとてもかわいがっていたため、東大へ出勤する際には渋谷まで送り迎えをするのが日課になっていたほどです。

しかし上野英三郎博士は脳溢血で急死し、帰らぬ人となってしまいました。

もちろん上野の家族がハチをそのまま放置するわけもなく、初めは上野の妻の親戚の家へ預けられました。

しかし人なつこさが仇となり浅草へ。そして再び渋谷へ。しかしここも安住の地ではありませんでした。

最終的には富ヶ谷の上野宅出入りの植木職人の小林菊三郎の家に預けられ、この後、渋谷駅で上野の帰宅時間にハチが目撃されるようになったのです。

食事などで小林宅にもどっりますが、上野家へ立ち寄って主人がいないか確認し、渋谷駅へ通うことがハチの日課となりました。

当たり前ですが主人は戻らず、1935年(昭和10年)に渋谷駅東口で亡くなっているのが発見されました。関係者だけでなく、多くの人が訪れる盛大な葬式が渋谷駅で行われたのでした。

 

絶景!

写真を撮影した忠犬ハチ公の銅像の場所

<東京の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」東京の観光スポット

関連する写真素材

ページのトップへ戻る