Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2481枚
INFO 2022年11月12日:登録写真が2,400枚になりました。 2022年10月14日:登録写真が2,300枚になりました。
BLOG

迎賓館赤坂離宮のフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】迎賓館赤坂離宮

場所   : 東京都 港区 赤坂

撮影年度 : 2017

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 5D MarkⅢ

レンズ  : Sigma 24-60mm F2.8 EX DG

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません


「迎賓館赤坂離宮」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「迎賓館赤坂離宮」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

東京都港区にある「迎賓館赤坂離宮」の写真です。日本にあるとはとは思えない建物で、外観はもとより室内もため息が出るほどの豪華さです。

曇り空なのが残念ですが、こちらの「迎賓館赤坂離宮」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

吹き出し

日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮廷建築

東京の中心地にある「迎賓館赤坂離宮」は、東宮御所として1909年(明治42年)に建てられました。

この外国にあるようなネオ・バロック様式の豪華な建物は、宮廷建築家の片山東熊氏の設計です。

しかし、外観が豪華すぎたことや住居としては使い勝手が良くなかったため、皇太子嘉仁親王(後の大正天皇)が御所として使う事はあまりありませんでした。

その後、皇太子嘉仁親王が大正天皇となると、離宮として扱われるようになり赤坂離宮となりました。

現在では外国の要人が来た時に宿泊をしたり、首脳会談など要人との会談などに使われています。

「迎賓館赤坂離宮」は外観だけでなく室内も見学することができるので、日本で唯一のネオ・バロック様式の西洋風宮廷建築を是非一度は見に行ってくださいね。

 

吹き出し

建物のフリー写真素材はこちら

洋館、和館、塔など、様々な建物を見に行っていますので、建物や建築物が好きな方はこちらも是非みてみてくださいね。

また、その時に撮影した写真をフリー写真素材にしていますので、建物の写真をお探しの方も是非ご覧ください。

 

吹き出し

迎賓館赤坂離宮の場所やクチコミはこちら

関連する写真素材

ページのトップへ戻る