Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1354枚
INFO 2021年9月1日:登録写真が1,300枚になりました。 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。
BLOG

ヒマワリの花のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】ヒマワリの花

場所   : 静岡県 伊豆市

撮影年度 : 2015

サイズ  : 1600 x 2400 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Canon EF24mm F2.8 IS USM

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「ヒマワリの花」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「ヒマワリの花」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

夏らしい黄色い花・ヒマワリの写真です。鑑賞用だけでなく、種実が食用や油にもなる実用的な花でもありますね。

こちらの「ヒマワリの花」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

ロシアで食用や油糧としての価値が高まったヒマワリ

北アメリカが原産のヒマワリは、夏から秋にかけて太陽のような姿の花を咲かせます。そのヒマワリは、アメリカではインディアンの食べ物にもなっていた重要な花でした。

アメリカからヒマワリが国外へ持ち出されたのは1510年。まずはスペインへと渡り植物園で栽培をされはじめ、それから100年ほどたってからフランスやロシアへと渡っていきました。

ロシアにひまわりが渡り、種子を食べたり油にすることが出来るヒマワリの種が価値があるものだとロシアで認識されはじめます。

そして、19世紀半ばには民衆にも食用の植物として普及。ヨーロッパでは鑑賞用として品種改良がされていきましたが、ロシアでは食用として品種改良されヒマワリの生産が盛んになったのです。

ちなみに、ロシアではヒマワリが国花にもなっているほどなんですよ。

 

おすすめ!

ひまわりの和名の由来

ヒマワリはツボミが付くこ頃まで、夜の間は下を向き、朝には東を向き、夕方には西を向き、あたかも太陽を追っているかのような動きをします。

これは成長ホルモンの影響で日影側の茎が速く生長するため、茎が太陽側へと曲がるからだそうです。

そのため花が開くことにはこの動きはなくなるのですが、太陽の動きにあわせてその方向を追うように花が回ると捉えて「ひまわり」との和名がつきました。

 

おすすめ!

西伊豆・八木沢郵便局前のひまわり畑

写真のヒマワリは、西伊豆の土肥の町の少し南にある八木沢郵便局前のヒマワリ畑で撮影しました。西伊豆を走っていると突如として現れる見事なヒマワリ畑はとても見ごたえがあります。

 

機材

「ヒマワリの花」の写真を撮影したカメラはキヤノンEOS40D

「ヒマワリの花」の写真は、2006年発売のキヤノンのEOS40Dというカメラで撮影しました。もうかなり古いものなので中古は格安です。暗所性能は現代のカメラに太刀打ちできませんが使いやすくいいカメラです。

 

他にも!

花のフリー写真素材は他にもあります。

ヒマワリ以外にもの花のフリー写真素材はありますので、花が好きな方や花の写真を探している方はこちらも是非ご覧ください。

 

場所!

八木沢郵便局前のひまわり畑の場所

土肥の町から5分ほど南下した場所にあります。花畑用の駐車場もあります。

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る