Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 604枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

鶴見川サイクリングコース・新横浜・小机付近の砂利道のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】鶴見川サイクリングコース・新横浜・小机付近の砂利道

場所   : 神奈川県 横浜市 港北区

撮影年度 : 2017

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Sony RX-100

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「鶴見川サイクリングコース・新横浜・小机付近の砂利道」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「鶴見川サイクリングコース・新横浜・小机付近の砂利道」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

時代から取り残されたような砂利道が残る区間が鶴見川サイクリングコースにはあります。ロードバイクでは走り心地が悪く、雨の日には水たまりができる区間ですが、懐かしさの残る砂利道がある風景は、鶴見川沿いの道の中で一番好きな風景です。

こちらの「鶴見川サイクリングコース・新横浜・小机付近の砂利道」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

へぇ!

鶴見川サイクリングコースの舗装化されない砂利道区間

鶴見川サイクリングコースの新横浜-小机間には砂利道の区間が残ります。私が子供の頃からこの区間だけがずっと舗装化されていません。

正確に言えば、鶴見川サイクリングコースの起点はこの砂利道よりも小机側にあるため、この区間はサイクリングコースではなく、鶴見川沿いの土手の道ではあるのですが、他の区間はどんどん道が良くなっていくのに、ここだけはずっと変わらない砂利道なのです。

この砂利道の手前で横浜市都筑区から横浜市港北区に入るので、管理している区の方針なんだろうなぁと漠然と思っていますが、本当の理由はまったく分かりません。

 

いいね!

いつまでも残っていて欲しい砂利道のある風景

ロードバイクの人は走りにくいため、この区間だけ右岸を走って抜ける人も多いですし、舗装化されたらいいなと思っている方は多いと思います。私も以前はそうでしたが、水たまりがひどそうな時以外はこの砂利道を通っています。

高速道路へのインターチェンジができ雰囲気は大分変わってしまいましたが、砂利道の先に新横浜の街が見えるこの区間の風景は、のどかでとてもいいのですよね。鶴見川の下流から上流までのサイクリングコースの中で一番好きな風景なので、いつまでも残っていてほしい砂利道の区間です。

 

場所!

写真を撮影した場所はこちら

鶴見川サイクリングコースにある砂利道区間はこちらです。好んで走りたい人はいないでしょうが、砂利道好きにはたまらない風景です。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

カラマツ林の中に続く砂利道・白石林道
桜の落ち葉・鴨居の桜並木
鶴見川サイクリングコース沿いの阿部商店の吊り下げ旗
八ヶ岳高原ロッジへ続くカラマツ並木の道
第三京浜道路・玉川料金所
未舗装路時代のパイクスピーク標高4,301mへの道
ページのトップへ戻る