Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 600枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

コバルトブルーの奥四万湖と四万ダムのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】コバルトブルーの奥四万湖と四万ダム

場所   : 群馬県 吾妻郡

撮影年度 : 2018

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XC16-50mm F3.5-5.6 OIS

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「コバルトブルーの奥四万湖と四万ダム」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「コバルトブルーの奥四万湖と四万ダム」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

コバルトブルーの湖面が神秘的な奥四万湖

群馬県吾妻郡にある奥四万湖は、神秘的な四万ブルーと呼ばれるコバルトブルーの湖面が人気の湖です。このようなコバルトブルーになる理由は明確には分かっていませんが、湖水に含まれるアロフェンという物質のレイリー散乱によるものと考えられています。なんじゃそりゃ?という感じですが、裏磐梯の五色沼と同じ仕組みだそうです。

またこの湖の透明度も素晴らしく、条件にもよりますが本州では1〜2位を誇る透明度で18m以上です。しかしその透明度を誇る水は強い酸性のため、ほとんど魚や微生物が生息しません。綺麗な水なのに魚が住めなって不思議ですね。

 

より神秘的な色になるのは寒い時期

奥四万湖の四万ブルーは、気温の低い晴れた日の方がより神秘的な色になると言われています。具体的には冬〜春にかけての気温が低い時期が良いそうですが、私の行った紅葉シーズンでも四万ブルーはとても神秘的な色に感じました。奥四万湖の風景は、山とコバルトブルーの湖面のコラボで出来上がるので、いついっても楽しめると思います。

 

奥四万湖を作った四万ダム

奥四万湖は四万ダムによって出来た人造湖です。写真の奥に見えているの四万ダムですね。この四万ダムは、治水と利水を目的に四万川に作られました、洪水の調整、四万温泉・太田市などへの上水道、水力発電も行われています。

ダムのデザインは西洋の城を想起させるもので、石積み風の装飾が美しく、ダム自体も見応えのあります。ダムの上を歩きながら眺める奥四万湖もとても素敵です。

 

この写真を撮影した奥四万湖の場所とクチコミ

奥四万湖は車で一周することができます。駐車場に車を停め周辺の散策も楽しめる所です。

 

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 


関連する写真素材

ターコイズブルーの湖面の小見野々ダム湖
シジミ漁が盛んな小川原湖
ボウ峠から見たターコイズブルーのペイトレイク
蔵王のお釜
ターコイズブルーに輝いた屈斜路湖
支笏湖の夕焼
ページのトップへ戻る