Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 2012枚
INFO 2022年7月1日:ダウンロードランキングのページを作りました。 2022年6月3日:登録写真が1,900枚になりました。
BLOG

乗鞍エコーラインのフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】乗鞍エコーライン

場所   : 長野県 松本市

撮影年度 : 2008

サイズ  : 2400 x 1800 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G9

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「乗鞍エコーライン」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「乗鞍エコーライン」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

自転車パラダイス・乗鞍エコーラインの写真です。このあたりは序盤の三本滝レストハウスの少し上あたりですが、すでに雰囲気はとても良いですね。

こちらの「乗鞍エコーライン」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

絶景!

自転車で走ってみたい、乗鞍エコーライン

標高1,460mの乗鞍観光センターから、畳平近くの長野県と岐阜県の県境の2,716m地点までの道が乗鞍エコーラインです。

この標高差1,260m、森林限界を超えて山を登っていく山岳道路は、マイカー規制により車がほとんど走っていないため、自転車乗りに人気が高い道なんです。

ヒルクライムをやっている人はもちろん、ツーリングを主体にしている人も、乗鞍エコーラインは一度は走ってみたいと思う場所だと思います。

もちろん、自転車にまったく乗っていない人は難しいですが、自転車乗りなら一度は行ってみることをオススメします。スケールの違う景色は本当に感動すると思いますよ!

 

絶景!

乗鞍エコーラインを走れる時期や服装

乗鞍エコーラインは、7〜9月の6:00〜18:00、10月は7:00~18:00の間しか走れません。

私は7月と8月に行った事があります。乗鞍観光センターのあたりは暑くても、標高2,700mの畳平は肌寒いほどで上着が必要なほどえす。

9月や10月はさらに寒いですが、真夏でも頂上付近では寒いので上着は必要です。温度差はかなりありますので防寒はしっかり考えてくださいね。

 

絶景!

レンタサイクル(e-bike)も便利!

昔はなかったサービスですが、最近は電動のスポーツバイクであるe-bikeのレンタルサービスもあります。

アシストのパワーをしぼって走れば頂上までアシストが使えるとのことなので、ヒルクライムが苦手な人でもなんとかなりそうですね。

e-bikeは乗鞍観光センターで貸し出ししており、1日8,000円、4時間5,000円。グローブなどは持参の必要があります。

 

絶景!

写真を撮影した場所はこちら

三本滝レストハウスを過ぎ少し上った開けた所で撮影しました。三本滝ゲートよりマイカー規制があるため、乗鞍エコーラインとしてはまだ序盤も序盤の場所になります。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る