Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1853枚
INFO 2022年4月19日:登録写真が1,800枚になりました。 2022年3月7日:登録写真が1,700枚になりました。
BLOG

山とカップヌードルのフリー写真素材(無料画像)

【無料写真素材】山とカップヌードル

場所   : 長野県 南佐久郡

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「山とカップヌードル」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「山とカップヌードル」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

山で食べたカップヌードル(BIG)の写真です。綺麗な景色の所で立ち止まり、簡単に調理して食べる事が出来るカップヌードルって最高ですよね。

今回はこのカップヌードルの誕生秘話や、カップヌードルのレギュラーサイズがなぜ小さめなのかなど、少し紹介したいと思います!

また、こちらの「山とカップヌードル」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

絶景!

カップヌードル誕生秘話

カップヌードルは、日清製粉の創業者である安藤百福によって1971年(昭和46年)に発売されました。

そのカップヌードルが生まれることになったヒントになったのは、安藤百福がアメリカにチキンラーメンを売り込みに行った時の出来事でした。

売り込み先のアメリカのスーパーでチキンラーメンの試食をお願いしたものの、現地には箸や丼がありませんでした。ある意味これは大失態ですよね・・・。

しかしその時アメリカ人バイヤーが考えて、紙コップにチキンラーメンを砕いて入れお湯を注いで食べたのです!ナイス、バイヤーさん!

もっとも紙コップ臭がしてあまり美味しくはなかったようですが・・・、その光景を見たことがヒントになったのは容易に想像が付きますね。

ある意味、今カップ麺をいろいろな所で楽しめるのは、そのバイヤーさんのおかげなのかもしれません。

 

絶景!

カップヌードル・レギュラーサイズの麺が60〜70gなワケ

先ほど紹介した光景をヒントにカップヌードルは開発されました。当初は間食用として売り出すことを考えたため、麺が少なめに作られました。

たしかに袋麺がおおよそ90g〜100gほどの麺量に対し、カップヌードルのレギュラーサイズの麺量は60g〜70g。他のカップラーメンに比べて随分小さめですよね。

カップヌードルはその小ぶりな大きさが良いわけですが、このカップヌードルの生い立ちに関係しているからなんですね。

 

絶景!

ビッグサイズやミニサイズも開発

他メーカーが90gほどの麺を投入し大盛りサイズがヒットすると、カップヌードルも主食としての分量が入っているビッグサイズが開発されました。

それだけでなく、女性などに向けたミニサイズのバリエーションも作られているのはご存じですよね。

カップヌードルは本当に美味しいので定番中の定番となっていますが、いろいろなサイズのカップヌードルが出来たことでより楽しめるようになりました。

 

絶景!

景色の良い場所で楽しむカップラーメン

カップヌードルは、お湯を注ぐだけで温かい物が食べれるという画期的な食品です。食器が汚れないのもいいんですよね。

バイクツーリング中に誰もいないところでカップラーメンを気軽に食べれるって最高なんですよ。

 

絶景!

アウトドア料理のフリー写真他にもあります

他にもアウトドアで食べた料理のフリー写真素材あります。こちらも是非ご覧ください。

関連する写真素材

ページのトップへ戻る