Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> 商用無料で使えるフリー写真素材を掲載しながら、豆知識的なことや撮影場所の紹介をブログを書いています! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1613枚
INFO 2022年1月22日:登録写真が1,600枚になりました。
2021年12月10日:登録写真が1,500枚になりました。
PHOTO

修善寺温泉・桂川と独鈷の湯のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】修善寺温泉・桂川と独鈷の湯

場所   : 静岡県 伊豆市

撮影年度 : 2021

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-S10

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「修善寺温泉・桂川と独鈷の湯」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「修善寺温泉・桂川と独鈷の湯」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

はじめに

修善寺温泉を流れる桂川と、湖畔に湧く温泉・独鈷の湯の写真です。独鈷の湯は修善寺温泉発祥の湯です。

こちらの「修善寺温泉・桂川と独鈷の湯」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

絶景!

弘法大師と独鈷の湯の伝説

桂川の河原で病気の父の背中を流している少年がいました。親孝行に感心した弘法大師(空海)が、仏具である独鈷杵で川の中の岩を砕くと、そこから温泉が湧き出ました。そしてこの温泉によって父の病は治ったのです。

その後、霊泉として温泉療養に庶民が利用するようになり、修善寺の町全体が湯治場として発展していったとされています。

 

絶景!

修禅寺宝物殿に転じされている独鈷杵

また、弘法大師が使った独鈷杵かどうかは分かりませんが、1961年(昭和36年)になんと修禅寺のお寺の裏山から実際に出土しました。出土した時は町は騒然としたそうです。

修禅寺宝物館に展示されていますので、そんな伝説を感じながら眺めると感動もひとしおですね。

 

絶景!

独鈷の湯は移動されていた

以前の独鈷の湯は川の中央付近に張りだして川幅をかなり狭めていました。大雨時には川をせき止める形になり氾濫しやすく、2009年に独鈷の湯全体を19mほど下流に移動しています。

イメージを崩さないように岩ごと切り離して移動しましたが、岩の下にコンクリートの台を作りワイヤーで引っ張るという大がかりな工事がされました。

移動して沸いていたお湯はどうなったの?とツッコミを入れたくなりますが、現在は給湯管を引いてお湯が出しいます。でも、戦前は実際に岩から隙間からお湯が沸いていたそうですよ。

 

絶景!

現在は入れない独鈷の湯

実は独鈷の湯は、私が若かった頃は入れたのです。あまりにも観光客が多いので、実際に入る人は夜や朝方などに利用していました。

現在は、衛生面や管理面などで法律上は浴場として認められていないため入浴禁止になっています。

立派な温泉なのに入れないのは残念ですが、手であたたかいお湯を触ることは出来ますので、ご利益はあるかもしれませんね。

 

機材

「修善寺温泉・桂川と独鈷の湯」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-S10

「修善寺温泉・桂川と独鈷の湯」の写真は、2020年12月発売のフジフィルムのデジタルミラーレスカメラ、X-S10で撮影しました。ボディー内手ぶれ補正があるため、レンズを問わず夜景にも強いカメラです。APS-Cサイズのセンサーで小型軽量なのも魅力です。

 

絶景!

修善寺温泉のフリー画像あります!

修善寺温泉やその周辺で撮影した写真をフリー写真素材として掲載しています。修善寺の写真をお探しの場合はこちらも是非ご覧ください。

 

絶景!

独鈷の湯の場所はこちらです

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る