Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1225枚
INFO 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。
BLOG

箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋のフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋

場所   : 神奈川県 足柄郡

撮影年度 : 2014

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Sony RX-100

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

神奈川県の箱根にある堂ヶ島渓谷遊歩道にある吊り橋「桜橋」の写真です。チェンバレンの散歩道とも呼ばれる遊歩道にある橋です。

こちらの「箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

チェンバレンが散歩したとされる堂ヶ島渓谷遊歩道

神奈川県・箱根、宮ノ下にある遊歩道が堂ヶ島渓谷遊歩道です。箱根では良く知られている宮ノ下にありながら、あまり歩いている人がいない静かな遊歩道です。

宮ノ下から早川(堂ヶ島渓谷)へと下り、登山道のような道をあるいて、再び国道方面へと戻って木賀温泉へと抜ける30〜40分ほどの道のりです。

この道は明治時代に日本に住んでいたイギリスの日本研究家である、バジル・ホール・チェンバレンが箱根で過ごす際に散歩していたとされる道で、チェンバレンの散歩道とも呼ばれています。

 

へぇ!

桜橋は、渡る際に重量制限がある

堂ヶ島渓谷遊歩道の木賀温泉寄りにある吊り橋が桜橋です。早川にかかる桜橋は、東京電力が管理しており、180kgまでの重量制限があることでも知られています。

 

機材

「箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋」の写真を撮影したカメラはソニーのDSC-RX100

「箱根堂ヶ島渓谷遊歩道・桜橋」の写真は、2012年に発売されたソニーのコンパクトデジタルカメラ、DSC-RX100で撮影しました。1インチセンサーを搭載しコンパクトカメラとは思えない高画質化を実現したモデルです。コンパクトデジカメの定番となりとても息の長いモデルでした

 

場所!

堂ヶ島渓谷遊歩道の地図

堂ヶ島渓谷遊歩道(チェンバレンの散歩道)のルートです。散歩道、遊歩道というと緩い感じを想像しますが、アップダウンの少ない登山道のような道ですので、歩きやすい服装で行ってみて下さい。

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る