Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 631枚
INFO 2020年10月11日:モバイルのデザインを変更しました。 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
BLOG

【無料写真素材】秩父・羊山公園の忠霊塔(慰霊碑)

場所   : 埼玉県 秩父市

撮影年度 : 2020

サイズ  : 2400 x 1591 ピクセル

カメラ  : Fuji X-T20

レンズ  : Fuji XF16-55mmF2.8 R LM WR

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「秩父・羊山公園の忠霊塔(慰霊碑)」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「秩父・羊山公園の忠霊塔(慰霊碑)」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

芝桜で有名な秩父の羊山公園には、秩父市を一望できる見晴らしの丘があります。そこに建てられている忠霊塔(戦没者のための慰霊碑)です。こちらの「秩父・羊山公園の忠霊塔」の写真は無料で使えるフリー画像です。気に入りましたら是非お役立て下さい。

 

おすすめ!

忠霊塔って何?

事故や戦争、災害などで亡くなった方達を慰めるために建てられた慰霊碑や慰霊塔という名前は良く耳にしますが、忠霊塔という名前は馴染みが少ないのではないでしょうか。

忠霊塔の元々の意味は、国家や君主のために忠義・忠誠をもって戦争に行き、戦死した人の霊をたたえるための象徴として作られた塔です。そのため、戦争中に戦死者が増えると各地に忠霊塔が建てられましたが、戦後は戦争賛美や軍国主義であるとして撤去さえたものも多かったようです。

しかし現在では、戦争で戦死した人の霊の慰霊の意味合いが強く、戦没者のための慰霊塔として忠霊塔と呼ばれるのが一般的で、戦後に建てたものがあったり、慰霊塔を忠霊塔と名称変更したものもあるようです。

 

場所!

羊山公園の場所とクチコミ

西部秩父駅かた徒歩20分ほどの所にあります。芝桜のシーズン以外は混んではいませんので、ゆっくりと散策することが出来ます。

<埼玉の観光スポットを探すなら、楽天「たびノート」もおすすめです。>
楽天「たびノート」埼玉の観光スポット

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

ページのトップへ戻る