Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 603枚
INFO 2020年9月26日:登録写真が600枚になりました。
2020年9月17日:写真検索に加え、記事検索が出来るようになりました
2020年7月1日:検索が速度アップしました。
BLOG

4×5フィルム(道の写真はハメコミ合成)のフリー素材写真(無料)

【無料写真素材】4×5フィルム(道の写真はハメコミ合成)

場所   : ハメコミ合成部分は長野県

撮影年度 : 2020(道の写真は2019)

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

※ご注意 : 森の中の道の画像はハメコミ合成です。

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「4×5フィルム」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「4×5フィルム」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

今のデジタルカメラにセンサーサイズがあるように、フィルムカメラの時代にもフィルムのサイズがいくつもありました。このフィルムのサイズについて書いてみたいと思います。

 

フィルムの大きさ

一般的な35mmサイズ、6cm前後フィルムを使った中盤カメラ、10cm以上のフィルムを使った大判カメラがありました。

フィルムに写される写真の情報は限られているので、情報量を増やすためにフィルムのサイズを大きくしたのです。フィルムのサイズを上げることで画素数を上げるという発想です。

<カメラの種類と使えるフィルのサイズ>
一般的なカメラ〜35mm
中判カメラ〜6×4.5(ロクヨンゴ)、6×6(ロクロク)、6×7(ロクナナ)、6×9(ロクキュウ)
大判カメラ〜4×5(シノゴ)、8×10(エイトバイテン、バイテン)

と呼ばれるものがありました。

中判カメラのフィルムの大きさの単位はセンチメートルで、大判カメラの単位はインチなので、分かりにくいのですが、下の図を見て頂くと大きさの違いがよく分かると思います。

 

仕事によってフィルムの大きさを使い分けていた

フィルム時代は、プロの場合は仕事によってフィルムを使い分けていました。フィルムの大きさによって、機材の手軽さはもちろん、フィルム代や現像代などの費用が大きく違ったからです。

 

35mmフィルムの仕事

ロケへ行ってアクティブに動く仕事などは持ち運びがしやすく、数を撮ることが出来る35mmフィルムを使いました。報道やスポーツなども機動力が必要なので35mmを使っていました。

ただ、印刷に使った場合、少し大きく使うと画質がとても悪かった。今のスキャン技術を使えばそうでもないのでしょうが、広告で画質が荒れるということは致命的でした。

 

中判のフィルムの仕事

広告などで、商品写真をカット的に使う場合や、モデル撮影をする場合などには、大きく使っても印刷に耐えられる情報量(画素数)を持ち、短時間に枚数も撮ることが出来る中判カメラを使いました。

中判カメラは、35mmに比べて情報量(画素数)が多い上に、フィルムがロール状になっているため、短時間の内に枚数も撮ることができたからです。また、大判のフィルムよりも費用も抑えられました。

 

大判のフィルムの仕事

商品のメインカットや車の商品写真など、とにかく綺麗に撮りたい場合は大判の4×5のフィルムがよく使われました。

撮るものをを作り込んで撮ることが多かったため、綺麗に印刷が出来る情報量(画素数)が欲しかったからです。では、他のも4×5で撮ればと思いますが、1枚撮るたびにセットしなければいけないシートフィルムをっていたので、枚数を撮りたい場合には向いていませんでした。

ちなみに、一般的に売られていたフィルムでは一番大きなサイズの8×10サイズのフィルムは、ほとんど使われていませんでした。

実は一度だけ仕事で8×10を使って撮ってもらったことがあるのですが、フィルムで見る写真の迫力はすごかったものの、新聞や雑誌に印刷したものは4×5と大差がない仕上がりで、費用だけがかかりました・・・。

 

アマチュア憧れの中判カメラ

デジタルカメラ時代になり、フルサイズのハイエンドカメラに憧れたように、中判や大判カメラに憧れました。特に風景を撮る方は圧倒的な画質で撮れるので、いつかは中判・・と思いながら腕を磨いていたと思います。

Rawで撮ればなんとかなるデジカメと違って、仕上がりが見えない中で、露出をばっちりと決めないといけないので、腕を上げる必要があったのですね。

 

今回の無料で使える写真は4×5のフィルム(道の写真はハメコミ合成)

今回掲載した無料写真は、4×5フィルムの写真です。そのまま使える4×5の写真がなかったので、フレームだけ本物で、道の写真は合成してあります。4×5フィルムのフレームだけ使って、合成して利用することも可能ですので、是非何かに使ってみてください。

4×5フィルム(道の写真はハメコミ合成)

【無料写真素材】4×5フィルム(道の写真はハメコミ合成)

場所   : ハメコミ合成部分は長野県

撮影年度 : 2020(道の写真は2019)

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Canon EOS 40D

レンズ  : Sigma 18-50mm F2.8 EX DC MACRO

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

※ご注意 : 森の中の道の画像はハメコミ合成です。

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません
ページのトップへ戻る