Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1011枚
INFO 2021年3月31日:スマホのトップページの写真表示を変更しました
2021年3月18日:登録写真が900枚になりました。
BLOG

浦島太郎伝説の残る寝覚めの床のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】浦島太郎伝説の残る寝覚の床

場所   : 長野県 木曽郡

撮影年度 : 2001

サイズ  : 1360 x 1024 ピクセル

カメラ  : Sanyo DSC-SX550

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「浦島太郎伝説の残る寝覚の床」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「浦島太郎伝説の残る寝覚の床」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

浦島太郎伝説で浦島太郎が玉手箱をあけたとされる寝覚の床の写真です。こちらの「浦島太郎伝説の残る寝覚の床」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。(少し古い時代に昔のデジカメで撮ったものなので解像度は普段よりやや低めです)

 

へぇ!

浦島太郎が目覚めた言い伝えがある寝覚の床

浦島太郎が竜宮城から帰ってきて晩年を過ごしたと言われる伝説のある場所が長野県の上松町です。

その伝説によれば、竜宮城から帰った後に浦島太郎は日本諸国をまわり木曽にたどり着いたそうです。美しい里が気に入り、釣りをしたり霊薬を売って暮らしていましたが、里の人に竜宮の話をするうち玉手箱を開けてしまいます。そして300歳の老人になり、この地から姿をけし、寝覚めの床には弁財天の像が残されていました。

また別のお話に、この寝覚めの床で玉手箱を開けますが、今までのことは夢だったかと目が覚めたらしいです。竜宮城に行っていて夢のように思ったのか、本当に夢だったのかは分かりませんが、夢オチの展開ですね。

私のイメージ的には、海から帰った浦島太郎が木曽へやってくるのとは思えないのですが、浦島太郎伝説が日本各地にあるのはそれだけ浦島太郎のお話が愛されていたということなんでしょうね。

 

場所!

寝覚めの床の場所とクチコミ

木曽川は水の綺麗なとても美しい川です。浦島太郎のお話に興味がなくても自然の風景を楽しめるエリアです。

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る