Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1225枚
INFO 2021年7月25日:登録写真が1,200枚になりました。 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。
BLOG

日向見公園から見上げた四万ダムのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】日向見公園から見上げた四万ダム

場所   : 群馬県 吾妻群

撮影年度 : 2018

サイズ  : 2400 x 1600 ピクセル

カメラ  : Fuji X-M1

レンズ  : Fuji XC16-50mm F3.5-5.6 OIS

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「日向見公園から見上げた四万ダム」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「日向見公園から見上げた四万ダム」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

日向見公園は奥四万湖を作り出している四万川ダムを下から見上げることが出来ます。四万ブルーの湖面を眺めるのもいいですが、日向見公園から迫力あるダムを眺めるのもなかなかおすすめです。

こちらの「日向見公園から見上げた四万ダム」の写真は無料で使えるフリー写真素材です。何かの際に是非お役立て下さい。

堤高89.5mの四万川ダムを見上げられる日向見公園

群馬県吾妻郡中之条街にある日向見公園は四万川ダムの下にある公園です。この日向見公園からは、堤高89.5mのコンクリートの迫力あるダムを下から見上げることが出来るんです。

四万川ダムの上部や奥四万湖はたくさんの人が見学に訪れますが、ダムの下から見上げる人はちょっと少な目。四万ブルーと呼ばれる湖面のある四万湖は魅力的ですが、城壁のようなコンクリート壁も見ごたえがありますよ!

 

四万川ダムは、堤高89.5mで堤頂長は330.0m

四万側ダムは重力式コンクリートダムで、先ほども書きましたが堤高89.5mで堤頂長は330.0m。群馬県が運営するダムとしては最も高さがあるダムなんです。(群馬県で一番ではありません)

洪水調整のほか、不特定利水、上水道、発電に使われている多目的ダムで、発電はダムの直下にある日向見発電所で最大1,000キロワットを発電しています。

 

四万ブルーと呼ばれる神秘的な奥四万湖

四万側ダムの人造湖である奥四万湖は四万ブルーと呼ばれる美しい水の色で知られています。コバルトブルー湖面は透明度も素晴らしく、神秘的な風景を楽しむ事が出来る場所です。

奥四万湖の四万ブルーについては下の写真のリンク先にて記事を書いていますので、神秘的な四万ブルーに興味がありましたらこちらも是非見てくださいね。

 

機材

「日向見公園から見上げた四万ダム」の写真を撮影したカメラはフジフィルム X-M1

「日向見公園から見上げた四万ダム」の写真は、2013年発売のフジフィルムのミラーレスカメラ、X-M1で撮影しました。ピントが遅めなXシリーズの下位機種ですが、チルト式液晶モニターを搭載。運びやすく画質も良く使い勝手の良いカメラでした。

 

四万川ダムを下から見上げられる日向見公園の場所やクチコミ

奥四万湖を観光した際には、ぜひ下の日向見公園からダムを見上げてください。なかなかの迫力ですよ!

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る