Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 1133枚
INFO 2021年6月11日:登録写真が1,100枚になりました。 2021年4月30日:登録写真が1,000枚になりました。
BLOG

大輪で早咲きの河津桜のフリー画像(無料写真素材)

【無料写真素材】大輪で早咲きの河津桜

場所   : 静岡県 加茂郡

撮影年度 : 2006

サイズ  : 2400 x 1606 ピクセル

カメラ  : Canon EOS Kiss DN

レンズ  : Tamron SP 90mm F2.8 Di Macro

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「大輪で早咲きの河津桜」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「大輪で早咲きの河津桜」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

 

おすすめ!

早咲きの河津桜

バラ科サクラ属の河津桜は、日本固有種のオオシマザクラとカンヒザクラの自然交雑から生まれました。大輪で早咲きなのはオオシマザクラとカンヒザクラが由来です。

今は各地でこの早咲きの河津桜を楽しめますが、花期が少し早いのは本州に自生しないカンヒザクラが交雑したからと言われています。

 

へぇ!

河津桜の名前の由来

河津桜の名前の由来となったのは、伊豆の河津町です。河津町の飯田勝美氏が河津側沿いで原木を発見し、庭先に植えました。

はじめは発見者の飯田家の屋号から小峰桜と呼ばれていたそうですが、学術調査によって雑種起源の栽培品種とわかり、1974年に河津桜と命名されました。

この河津桜の原木は現在でも同じ場所にあり見事な花を咲かせています。河津町に行ったら是非原木も見て下さいね。

 

おすすめ!

河津桜まつり

河津町では例年、河津桜まつりを開催しています。河津側沿いに約850本の桜が咲き誇り、全体では8,000本もの桜がさいています。

こちらの写真の河津桜はアップになっていて場所が分かりませんが、河津桜まつりに行った時に撮影したものなんですよ。

 

他にも!

その他にも桜や河津桜のフリー写真素材あります

桜や河津桜のフリー写真素材は他にもありますので、こちらも是非ご覧下さい。

 

場所!

写真を撮影した河津町の場所

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る