Image Garage

feedlyで更新情報を購読
RSSで更新情報をフォロー

<イメージガレージ> ブログ・無料で使える写真素材・撮影場所の紹介もあります! 

写真に収めた風景などにまつわる話を書いたフォトブログです。掲載写真は一部を除き、個人・商用問わず無料で利用可能です!
アマチュアクオリティのスナップ写真がメインですが、ブログ、広告、壁紙など、規約の範囲内で自由にご利用ください。

現在の無料写真素材 867枚
INFO 2021年1月31日:登録写真が800枚になりました。 2020年12月14日:登録写真が700枚になりました。
BLOG

本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらんのフリー写真素材(無料)

【無料写真素材】本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらん

場所   : 山梨県 南都留郡

撮影年度 : 2007

サイズ  : 2000 x 1500 ピクセル

カメラ  : Canon PowerShot G3

レンズ  : -

モデルリリース:- プロパティーリリース:-

こちらの写真は、規約を守った上で、無料で使うことが出来ます。
フリー写真素材の利用規約 〜画像をダウンロードしたことで規約に同意したものとみなします。
※ダウンロードボタンからダウンロードした画像には、ウォーターマークは入っていません

「本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらん」の写真は、無料使えるフリー写真素材です

「本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらん」の写真は、規約の範囲内で、広告・ブログ・壁紙などに使うことが出来るロイヤリティフリーの画像です。利用規約

潜水艦型遊覧船「もぐらん」は、ポップな黄色い船体の遊覧船です。美しい本栖湖や富士山を見ながら遊覧することが出来ます。

 

おすすめ!

本栖湖のポップな潜水艦型遊覧船「もぐらん」

本栖湖の潜水艦型遊覧船「もぐらん」は、ポップな黄色い船体をした船です。潜水艦型をしていますが、もぐらない船なので「もぐらん」という名前が付いています。

この「もぐらん」の船底には2つの窓が設置されており水中の様子も眺められるようになっており、本栖湖を泳ぐヒメマスやニジマスなが見れる場合もあります。

全長は12.6m、全幅3.19m、総トン数10トン、速力8ノットで、定員は50名です。

 

おすすめ!

本栖湖ってどんな湖?

本栖湖は富士五湖のひとつで、その中で一番西側にある湖です。水深は121.6m。富士五湖の中ではもっとも深い湖です。

また、本栖湖から見る富士山は紙幣のデザインになっていることでも知られており、本栖湖と富士山の風景は必見の価値があります。

 

へぇ!

マリンスポーツが盛んな本栖湖

メインの「もぐらん」の写真にもウインドサーフィンをしている人達が写っていますが、本栖湖はマリンスポーツも盛んです。

水上バイクやモーターボートが禁止されて水質も良くなり、深い水深と透明度を生かした淡水ダイビングも楽しむことが出来ます。

絶景の中を楽しむカヤックやキャンプなども盛んで、レンタルや体験を催行しているショップも多いんですよ。

 

場所!

この写真を撮影した場所とクチコミ

「もぐらん」の写真を撮影した場所はこちらです。見るだけでも楽しいですが、乗船するともっと楽しいので本栖湖へ行ったら是非乗ってみて下さいね。

 

機材

「本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらん」の写真を撮影したカメラはキヤノン POWERSHOT G3

「本栖湖の潜水艦型遊覧船もぐらん」の写真は、2002年発売のキヤノンのコンパクトデジタルカメラ、POWERSHOT G3で撮影しました。4メガピクセルのCCDと大口径レンズの装備でコンデジながらワンランク上の画質でした。色のりが良くこってりした写真が撮れるカメラでした

 

撮影ポイントマップ

このブログで写真を撮った場所をGoogle Mapにマッピングしました。ポイントをクリックするとURLが表示され、どんな写真が撮れる場所か詳細ページを見ることができます。

 

関連する写真素材

ページのトップへ戻る